サンフレ

【J1】10月3日名古屋戦 戦う方向性、自信備わる

2021/10/3 23:15

 開始直後から、名古屋の最終ラインに圧力をかけて球を奪いにいく姿を見て、ある中国の故事成語が浮かんだ。「虎穴に入らずんば虎子を得ず」。身の危険を冒さなければ、大きな成果を上げることはできない意味。カウンター攻撃でDFライン裏を取られるリスクを覚悟して、得点を奪いにいく心意気が伝わってきた。
(ここまで 145文字/記事全文 480文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • キャンペーン

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

コーナーフラッグの最新記事
一覧

  • 【J1】11月27日FC東京戦 残り1戦、一丸で意地を (11/27)

     J1残留が決まり、残り5試合で城福監督が退任したのは、来季に向けたチャレンジの時間を確保するためだと理解している。あれもこれもと欲張りたい気持ちは分かるが、短期間で解消できる魔法はない。その結果が、...

  • 【J1】11月20日清水戦 来季への成長感じたい (11/20)

     清水戦をワクワクして待っていた。13日にあったJクラブとの完全非公開での試合の出来を聞く限り、ベテラン、若手に関係なく手応えを感じる言葉を聞いたからだ。「前線から相手ボールに圧力をかけて得点につなげ...

  • 【J1】11月7日湘南戦 求められる個々の意識 (11/7)

     普段の安定したプレーぶりから求めるレベルが高いだけに、3日の鹿島戦の荒木の姿には目を疑った。厳しい見方をすれば、4失点のうち3失点は荒木のミスによるもの。途中交代時と試合終了後の2回、人目もはばから...

  • 【J1】11月3日鹿島戦 退任劇、フォローは十分か (11/3)

     鬼気迫る形相に、青山のこの試合にかける意気込みが伝わってきた。0―2の前半34分、東の縦パスに抜け出してエゼキエウの得点をお膳立てするラストパス。ペナルティーエリアまで駆け上がった姿に心が震えた。

  • 【J1】10月23日仙台戦 宙ぶらりんの状態、心配 (10/24)

     下位に敗れる、ふがいなさに見慣れてしまったからかもしれない。試合終了の瞬間、最下位相手に零敗した憤りより今後対戦するJ2降格争い真っただ中の湘南と清水、徳島に申し訳なさが先立った。きっと、3チームの...

 あなたにおすすめの記事