サンフレ

「広島は生まれ育った故郷のような存在」 塩谷一問一答全文

2021/10/12 17:46
会見であいさつする塩谷

会見であいさつする塩谷

 アラブ首長国連邦(UAE)のアルアインを退団後、4年ぶりにJ1サンフレッチェ広島への復帰が決まったDF塩谷司(32)が12日、広島市安佐南区のエディオンスタジアム広島で会見した。会見での主な一問一答は次の通り。

 ―広島に戻ってきた率直な気持ちは。

 シンプルにうれしいし、身の引き締まる思い。強かった広島を取り戻せるよう頑張りたい。

 ―復帰の経緯について教えてください。

 日本に戻るなら広島と思っていた。ただ、オファーをいただけないとプレーできない。オファーもらって帰るなら広島と決めていた。

 ―塩谷選手にとって広島の地はどんな場所ですか。

 生まれ育った故郷のような存在。家族を含めて大好きで特別な場所。

 ―前回在籍時の背番号は「33」。新たに背負う「3」については。

 個人的には違和感がある。変な感じはするが、あまり番号にこだわりはない。3番が似合うと言ってもらえる選手になりたい。

 ―初めて練習に参加し、4年前と比べて何か違いはありましたか。

 明らかに変わったとはいえないが、昔よりちょっと硬いかなと。昔の方がにぎやかだったかなと感じた。

 ―監督とは何を話しましたか。

 コンディション面やチーム状況、これからどうしていくかを話した。
(ここまで 512文字/記事全文 1667文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

話題の最新記事
一覧

 あなたにおすすめの記事