• トップ >
  • 新型コロナ みんなで乗り切る

新型コロナ みんなで乗り切る

  • 【新型コロナ みんなで乗り切る】「上を向いて歩こう」届け世界に元気 [くらし] (2020/5/23 19:18)

     世界の18の言語で歌う「上を向いて歩こう」が、動画投稿サイト「ユーチューブ」で1万回以上再生されて好評だ。歌い手は、新型コロナウイルスの感染拡大で赴任地から緊急帰国した青年海外協力隊員たち。発案した広島県府中町出身の隊員、岡本龍太さん(31)は「日本から世界へ、僕たちなりの元気の届け方です」と語る。  ▽海外協力隊76人、18の言語で歌い動画投稿  「世界に届け!!プロジェクト」と題…
  • 【新型コロナ みんなで乗り切る】医療用に手作りガウン 呉の衣装デザイナー川上姉妹、県に145着 [トピックス] (2020/5/21 21:05)

     新型コロナウイルスの治療に当たる医師や看護師の感染防止に役立ててもらおうと、呉市の双子の衣装デザイナー、川上春菜さん(31)、若菜さん(31)姉妹が医療用ガウン145着を手作りし、広島県へ贈った。舞台衣装などの仕事が減る中、音楽家たちと協力。「舞台を開ける社会に早く戻ってほしい」との願いを一針一針に込めた。  2人は広島市中区にアトリエを持ち、ミュージカルなどの舞台衣装やオーダーメードのド…
  • 【新型コロナ みんなで乗り切る】外出控えて、上手に非常食 「ローリングストック」、食べた分だけ買い足す [くらし] (2020/5/20 20:40)

     災害時の非常食を日常の食事に取り入れ、食べた分だけ買い足す「ローリングストック」という方法がある。うまく取り入れると、新型コロナウイルスの感染防止のために外出を控えつつ、近づく雨の季節に向けて災害への備えにもなるので一石二鳥だ。  ▽栄養考え3日分用意、比治山大・山崎教授がメニュー紹介  「缶詰など備蓄できる食品はまとめ買いできる上、しばらく置いておけるので、外出を控えたいときにも役…
  • 【新型コロナ みんなで乗り切る】レッツ!ひとりウオーキング 楽しみ方を見つけよう [くらし] (2020/5/19 19:58)

     新型コロナウイルスの感染拡大によって外出自粛が続き、「コロナ太り」で悩む人が増えている。運動不足解消にお勧めなのは、3密を避けられる屋外でできる「ひとりウオーキング」だ。寂しい気もするが、楽しみ方を見つけて満喫する達人もいる。  ▽感動探し  スマートフォンを相棒にウオーキングに出掛ける。行った先々で、美しい景色や花に出合えば、シャッターを切る。その写真を自分のフェイスブック(FB)…
  • 【新型コロナ みんなで乗り切る】今だからこそ顕微鏡持って 身近な植物に大きな世界 [くらし] (2020/5/18 19:03)

     新型コロナウイルスの影響で、レジャー施設での遊びをまだ控える親子も多いだろう。でも、落ち込まないで。子どもから大人まで年齢を問わず引き付けるのが、小型の顕微鏡。庭やプランターの植物を拡大して見れば、はっとするほどみずみずしい植物の世界が広がっている。  広島自然観察会事務局長の吉岡敏彦さん(59)=広島市安佐北区=は植物を観察する際、倍率40倍の小さな顕微鏡を使う。顕微鏡は約3センチのクリ…
  • 【新型コロナ みんなで乗り切る】安佐南区の認定こども園に善意のマスク 地域の男性から、職員へエールも [トピックス] (2020/5/17 20:41)

     広島市安佐南区西原の認定こども園「ブーフーウー」に善意のマスク300枚が届いた。寄贈したのは近くの建設会社の社長男性(61)。同社は園児の散歩コースにあるが、それまで交流はなかった。地域からの思いがけない支援に、同園の関係者は「日頃の頑張りが報われた思い」と喜ぶ。  社長が同園を突然訪れたのは今月7日。「子どもたちのために頑張ってくれてありがとう。少しだけど使ってほしい」とマスク入りの箱を…
  • 【灯を消さない コロナ禍と文化】日常の小さな幸せ発信 広島で写真展「ラブ&パワー ヒロシマ」 [トピックス] (2020/5/15 23:51)

     コロナ禍で気持ちがふさぎ込みがちな中、日常の小さな幸せを見つめ直す写真展「ラブ&パワー ヒロシマ2020」が、広島市中区上八丁堀のギャラリーGで開かれている。インスタグラムを通じて写真を募り、寄せられるたびに印刷して展示する。  ▽インスタ通じ作品募集  作品は誰でも投稿でき、インスタグラム上でも公開する。これまでに国内外から約300点が集まった。赤ん坊を抱えて笑う男性、手作りのパン…
  • 【新型コロナ みんなで乗り切る】テークアウトやデリバリー進化中!@広島 [くらし] (2020/5/15 19:32)

     新型コロナウイルスの感染拡大防止のために外出自粛が続く中、飲食店が力を入れているのがテークアウトやデリバリー。ひと工夫加えた「進化形」が、広島市内でも広がっている。長引く巣ごもり生活にいかが―。  ■オンライン酒場 店の雰囲気を画面で共有  「本日は来店ありがとうございます。乾杯!」。客のいない店内に声が響く。広島市西区の居酒屋「駅前酒場赤まる横川店」。経営する田中誠司さん(45)は…
  • コロナ禍の子育て家庭に電話を 安佐南区の未来会議呼び掛け [中国地方のニュース] (2020/5/9 23:00)

     広島市安佐南区の市民グループ「広島こそだて未来会議」は、子育て中の知り合いに近況を尋ねる電話をしようとの呼び掛けを始めた。新型コロナウイルスの感染拡大で外出自粛を求められ、子育てにストレスを感じる人もいる。「気になる人」に声を掛け、支え合おうとの試みだ。  取り組みの名称は「まほうのコール」。同会議は、受話器のイラストをあしらったロゴマークを複数の会員制交流サイト(SNS)に掲載。妊婦や自…
  • 【新型コロナ みんなで乗り切る】自宅で焙煎、心も香る一杯【動画】 [くらし] (2020/5/9 19:08)

     コーヒーは豆のいり具合、「焙煎(ばいせん)」によって味わいが変わる。火に長くかけて茶色を濃くした豆ほど苦味が強くなる。巣ごもり生活で持て余す時間を利用し、自宅焙煎のフレッシュなコーヒーで一息つこう。  ▽「三たて」で深み増すコーヒー  たき火による焙煎のイベントを広島市内で開くコーヒーガイド、藤井勇也さん(30)=南区=は「いりたて、ひきたて、入れたて―。この『三たて』がおいしいコー…
  • 【新型コロナ みんなで乗り切る】断酒の絆、絶やさぬ 依存症のグループ、公共施設休館で活動工夫 [トピックス] (2020/5/8 22:02)

     広島市内と近郊のアルコール依存症の当事者や家族でつくるNPO法人広島断酒ふたば会が、メンバーの孤立を防ぐ活動に工夫を凝らしている。新型コロナウイルスの感染拡大で公共施設が休館になる中、体験や悩みを語り、飲酒を断つ例会が軒並み中止に追い込まれているためだ。駐車場を借りて短時間の例会を開くなど、苦心の取り組みが続く。  午後6時半、広島市安佐南区内の駐車場に、ふたば会安佐支部の15人がマスク姿…
  • 楽々園商店街で「みらいチケット」 1割特典、20店参加 [中国地方のニュース] (2020/5/5 21:12)

     広島市佐伯区の楽々園センター商店街振興組合は、新型コロナウイルスの感染拡大で客足が遠のく商店街の店を支援しようと「楽々園みらいチケット」の販売を始めた。将来に店へ行くことを前提にした商品券で、1割の特典が付く。組合のホームページ(HP)で受け付ける。  飲食店や衣料品店、美容院など約20店のチケットを6月末まで売り出す。3千〜1万円でそれぞれ3300〜1万1千円分使える。HPで希望する店を…
  • 【新型コロナ みんなで乗り切る】フレイル予防へ「6か条」 福山市、高齢者に紹介 [中国地方のニュース] (2020/5/4 23:16)

     福山市は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う外出自粛で心配される高齢者のフレイル(虚弱)の予防につなげようと、「コロナに打ち勝つフレイル予防6か条」をつくった。市の政策顧問で虎の門病院(東京)の大内尉義前院長の監修。お勧めの運動などと合わせ、市のホームページ(HP)で紹介している。  フレイルは介護が必要になる手前の状態を示す。市は「体を動かそう」「一日一回電話で友達とおしゃべりを」などの…
  • 【新型コロナ みんなで乗り切る】宮島の味、島外にお届け 飲食8店が5日サービス開始 [中国地方のニュース] (2020/5/4 22:56)

     世界遺産の島・宮島(廿日市市)の飲食業8店が5日、インターネットで注文を受け付け、島外に届ける宅配サービスを始める。新型コロナウイルスの感染拡大で来島者が急減する中、連携して収入確保を図る。  参加店などでつくる実行委員会が「ミヤジマイーツ」と題したホームページ(HP)を設け、すしやピザ、つくだ煮などの料理、土産物の配送を受け付ける。一度に、複数の店のメニューを組み合わせて注文することもで…
  • 【新型コロナ みんなで乗り切る】自閉症の子、休校生活のポイントは [くらし] (2020/5/4 21:13)

     新型コロナウイルスの感染拡大で休校が続き、自閉症の子どもが家庭で過ごす時間も増えている。予期せぬ事態や変化への対応が苦手な子どもと、支える親の両方に疲れが出ている。自閉症の子どもの親たちでつくる市民グループ「ドリーム・ブライト」代表の増谷聡子さん(55)=広島市西区=に、自閉症の子どもへの接し方のアドバイスをもらった。(標葉知美)  自閉症の子どもの中には、言葉で「マスクを着けて」「人から…
  • 【新型コロナ みんなで乗り切る】防護服作り手伝って 医療機関支援呼び掛け [トピックス] (2020/5/3 20:12)

     ▽中区の洋服店が材料など準備  広島市中区でオーダーメードの洋服店「アトリエ ミヨ」を営む田中美代さん(54)が、医療用防護服の縫い手を募っている。材料を用意し、型紙や縫い方を公開。新型コロナウイルスの感染拡大で防護服が不足がちな中、各自で作り、医療機関に寄贈か販売するよう呼び掛ける。  田中さんが考案したのは、エステサロン用の防水シーツを使った着丈約120センチの長袖防護服。50着…
  • 【新型コロナ みんなで乗り切る】今年も元気に咲き誇る 観光花園、写真と動画で巡って【動画】 [くらし] (2020/5/2 19:47)

     新型コロナウイルスの感染の広がりを受け、広島県内の観光花園も休園し、ことしの大型連休の花巡りはお預けだ。見物客がいない花園はひっそりとしているが、心を込めて育てられた花々は美しさを競い合う。この巣ごもり連休、せめて紙面と動画で咲き誇る花を楽しみませんか。
  • 【新型コロナ みんなで乗り切る】心ほぐすアート今こそ 広島の造形・絵画教室代表 加藤さんに聞く [くらし] (2020/5/1 19:58)

     新型コロナウイルスの感染拡大で、うつむきそうになる日が続く。造形・絵画教室「アトリエぱお」(広島市西区)代表の加藤宇章(たかふみ)さん(59)は、気分転換にささやかな芸術に打ち込むひとときを持つよう提案する。加藤さんに大人から子どもまで楽しめる作品の作り方を教えてもらった。  一つは「型取り絵画」だ。手のひら、貝殻、木の葉など平たい物の外枠を正確に写し取り、細かな部分を丁寧に描けば、初心者…
  • 新型コロナウイルス相談窓口 [アーカイブ] (2020/4/30 16:18)

     広島県、山口県と厚生労働省の新型コロナウイルスに関する相談窓口は次の通り。  
  • 【新型コロナ みんなで乗り切る】ついつい「家飲み」ご用心 外出自粛に在宅勤務… [くらし] (2020/4/29 19:37)

     わが家での飲酒量が増えていないだろうか。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う外出自粛でいらいらが募り、「ついつい」という人も少なくないようだ。ただ、「家飲み」も度が過ぎると健康を損ない、アルコール依存症に進む恐れがある。注意したいのは、1日に摂取する「純アルコール量」だ。計算は簡単。適度な飲酒を心掛け、生活のリズムを崩さないようにしたい。  ▽「純アルコール量」知り適量を  「缶チュー…