サイト内検索

キーワード

新しい順 | 古い順 | 閲覧数順

 
  • サッカースタジアムの検索結果(1ページ目)

    201件見つかりました。

  • サカスタ予定地に塀ぐるり 伐採や調査進む、南北に通路新設 [中国地方のニュース] (2021/10/14 21:13)

     広島市が中央公園広場(中区)で予定するサッカースタジアム建設の準備工事が本格化している。市は樹木伐採などを進めるため、広場の大半を塀で囲って閉鎖。南北に抜ける仮設通路を設けた。閉鎖はスタジアムが完成する2024年まで続く見込みだ。 【広島再開発マップ】はこちら  約8・5ヘクタールの広場は、「広高の森」を除く全域が高さ約3メートルの塀で囲まれ、外からは広場内の様子はほとんど見えない。…
  • 輜重隊遺構の価値など討議 オンラインでシンポ [中国地方のニュース] (2021/10/11 22:59)

     サッカースタジアム建設予定地の中央公園広場(広島市中区)で出土した旧陸軍の輸送部隊「中国軍管区輜重(しちょう)兵補充隊(輜重隊)」施設の被爆遺構をテーマにしたシンポジウムが10日、オンラインであった。戦争遺跡などの専門家4人が遺構の価値や市の対応について討議した。  石田雅春・広島大准教授(日本史)は「被爆建物と違って地中から出土したばかりだ。学術的な評価がまだ不十分なのに取り壊しを始めている」…
  • 競合から協調にシフト【広島市中心部再開発の行方】<中>紙屋町・八丁堀地区 [経済ニュース] (2021/10/7 22:50)

     市が関係する大型案件も動きだした。市営基町駐車場一帯の再開発では9月、市や事業者が概要を発表。31階建てのビルを28年3月までに完成させ、広島商工会議所も移る。中央公園広場のサッカースタジアムは24年2月の完成を目指す。  市はスタジアム周辺の広場や旧市民球場跡地の整備計画も進めている。民間事業者が公園で売店などを運営し、収益の一部で公園施設を整備する。計画に加わる大成建設中国支店(中区)…
  • えっ、ファミリープール廃止? 広島市民「子育て世代が遊べる場所残して」【こちら編集局です あなたの声から】 [こちら編集局です あなたの声から] (2021/9/23 20:28)

     広島市の中央公園では、市がサッカースタジアムを建設する。Jリーグの公式戦での使用は年20〜25日程度で、試合のない日のにぎわい創出が課題。本社に疑問を寄せた女性は稼働日数が少ないのはファミリープールだけではないとし「娘も孫も通う思い出のプール。子育て世代が遊べる居場所を残して」と訴える。  「当面は現在の形を維持し、さまざまな可能性を模索したい」と片桐課長。廃止や移転をした場合も、跡地には…
  • サカスタ建設、景観維持に努める方針 広島市、本川護岸巡り回答 [中国地方のニュース] (2021/9/16 22:50)

     広島市が中央公園広場(中区)で進めるサッカースタジアム建設計画で市と建設業者は16日、建設地西側の本川護岸、通称「基町ポップラ通り」からの景観に配慮するよう求めた市民団体に対し、護岸をできる限り維持して景観を壊さないよう努める方針を示した。 【広島再開発マップ】はこちら  この日、建設業者の大成建設(東京)と、周辺の「広場エリア」を整備するNTT都市開発(同)、市の担当者が、護岸にポ…
  • 輜重隊遺構撤去、広島市に抗議文 被爆者団体など [中国地方のニュース] (2021/9/7 22:59)

     サッカースタジアム建設予定地の中央公園広場(広島市中区)で出土した旧陸軍の輸送部隊「中国軍管区輜重(しちょう)兵補充隊」施設の被爆遺構で、広島被爆者団体連絡会議などは7日、移設する一部の遺構を切り取り、残る部分の撤去を進める市に文書で抗議した。  現地保存や移設範囲の拡大などの検討を求めてきた被爆者団体の代表や考古学者たち8人の連名で市に送った。文書では「意見が軽視され作業が強行された」と強調。…
  • 被爆遺構、切り取り開始 広島のサカスタ予定地、石畳など計23平方メートル移設へ [中国地方のニュース] (2021/9/4 22:54)

     サッカースタジアム建設予定地の中央公園広場(広島市中区)で出土した旧陸軍の輸送部隊「中国軍管区輜重(しちょう)兵補充隊」施設の被爆遺構で、広島市は4日、一部を移設するための切り取り作業を始めた。戦前の「軍都」の姿を伝えるために活用する。  調査している約6千平方メートルのうち、軍馬の手入れ場の石畳12枚▽厩舎(きゅうしゃ)の入り口の石畳25枚▽厩舎のアスファルトの床の一部―の3カ所計23平…
  • サカスタ予定地の旧陸軍遺構、移設方針再検討せず 広島市、3日にも作業開始 [中国地方のニュース] (2021/9/2 23:01)

     サッカースタジアム建設予定地の中央公園広場(広島市中区)で出土した旧陸軍の輸送部隊「中国軍管区輜重(しちょう)兵補充隊(輜重隊)」施設の被爆遺構を巡り、市は2日、遺構の一部を切り取って移設する方針の再検討などを求めていた被爆者6団体や市民団体に対し、再検討はせずに、3日にも切り取りの作業をする考えを示した。  厩舎(きゅうしゃ)の遺構の一部など3カ所(計23平方メートル)を移設する市の方針に対し…
  • サカスタ広場、スポーツやアウトドアで「にぎわう公園」に 広島市が事業者決定、24年夏開業 [中国地方のニュース] (2021/8/31 22:58)

     広島市中区の中央公園広場でサッカースタジアム建設計画を進める市は31日、スタジアム周辺の「広場エリア」の設計や整備を担う事業者を、NTT都市開発(東京)を代表とする10社の企業グループに決めた。応募した二つの企業グループの提案を市の審議会が採点し、上位を選んだ。スポーツやアウトドアなどを楽しめる場として「365日にぎわう公園」を掲げる。年間200万人の集客と2024年7月の開業を目指す。 …
  • ファミリープール移転や廃止も検討 中央公園7施設の再配置、広島市が方向性 [トピックス] (2021/8/31 22:46)

     ファミリープールは老朽化や夏期限定の使用は非効率との観点から、園外移転や廃止を検討する。中央公園広場へのサッカースタジアム建設に伴い、建設用地にかかる中国庭園「渝華園(ゆかえん)」は、現在の中央図書館北側に移転する方針という。  7施設は1966〜92年に開設し、築29〜55年がたっている。市は施設の更新に加え、両図書館を集約して使いやすくするほか、映像文化ライブラリーについては官民の役割…
  • 被爆遺構「保存・活用議論を」 広島市議会に県原水協など [中国地方のニュース] (2021/8/30 22:58)

     サッカースタジアム建設予定地(広島市中区)で出土した旧陸軍の輸送部隊「中国軍管区輜重(しちょう)兵補充隊」の被爆遺構を巡り、広島県原水協など3団体は30日、市議会に遺構の保存活用を議論するよう要望した。一部を切り取り保存する市の方針については、スタジアム建設を急ぎ、専門家の意見聴取が不十分と指摘している。  要望書は、市による現地説明会が1日だけで、対象人数も60人だったと指摘。市民に意見を求め…
  • サカスタと被爆遺構「両立へ再考を」 被団協など広島市に要望書 [中国地方のニュース] (2021/8/24 23:04)

     サッカースタジアム建設予定地の中央公園広場(広島市中区)で出土した旧陸軍の輸送部隊「中国軍管区輜重(しちょう)兵補充隊(輜重隊)」施設の被爆遺構を巡り、二つの広島県被団協を含む広島の被爆者6団体などは24日、市に要望書を提出し、遺構の一部を切り取って移設する方針を再検討するよう求めた。 【動画】見つかった被爆遺構  要望書は遺構を「国史跡級」と評価する専門家の声に触れ、「全面的な保存…
  • 軍都壊滅の実態学ぶ 広島経済大生ら現地で授業 [中国地方のニュース] (2021/8/24 22:49)

     広島経済大(広島市安佐南区)の学生たちが24日、サッカースタジアム建設予定地の中央公園広場(中区)で発掘された旧陸軍の輸送部隊「中国軍管区輜重兵補充隊(輜重隊)」施設の被爆遺構を見学した。「軍都広島」の歴史と、原爆による壊滅の実態を若者が学んだ。  同大経済学科の竹林栄治准教授(55)が、軍馬を飼っていた厩舎の跡地前に立って解説した。「戦時中は馬が食糧や武器を運んだ。全てをトラックに置き換…
  • 水辺活用、市民主導で グループ発足、占用許可受け企画・支援【太田川 恵みと営み】 [中国地方のニュース] (2021/8/23 21:55)

     近くの中央公園広場ではサッカースタジアムの建設が進み、24年の開業が予定される。西川代表は「観戦に訪れる人が川の風景を楽しみながら散策できる機会を提供できれば。仲間を増やし、多くのイベントを開催したい」と意気込んでいる。加入などの問い合わせはメールで受け付ける。support@river―do.how(坂本顕)
  • サカスタ予定地の輜重隊遺構一部移設へ 広島市が決定【ヒロシマの空白】証しを残す [ヒロシマの空白] (2021/8/17 21:51)

     サッカースタジアム建設予定地の中央公園広場(広島市中区)で出土した旧陸軍の輸送部隊「中国軍管区輜重(しちょう)兵補充隊(輜重隊)」施設の被爆遺構で、市は17日、3カ所を切り取って移設すると発表した。軍馬が戦地での物資輸送に重要な役割を果たした歴史を踏まえて、厩舎(きゅうしゃ)の床面の一部などを対象にする。切り取りと残る遺構の撤去作業は、早ければ23日に着手する。  3カ所は、スタジアムのピ…
  • 輜重隊遺構、評価・保存の声 サカスタ予定地、広島で被爆者ら集会 [中国地方のニュース] (2021/8/13 23:05)

     サッカースタジアム建設予定地の中央公園広場(広島市中区)で発掘された旧陸軍の輸送部隊「中国軍管区輜重(しちょう)兵補充隊(輜重隊)」施設の遺構について考える集会が13日、広島市中区の合人社ウェンディひと・まちプラザであった。専門家や被爆者、市民たち約20人が遺構の評価や保存の在り方について意見を交わした。  県立広島大の鈴木康之教授(考古学)が講演。「国の史跡指定を受けられる可能性がある遺跡だ」…
  • 父はここにおった サカスタ予定地の輜重隊跡 姉・弟「最後」の慰霊【ヒロシマの空白】証しを残す [ヒロシマの空白] (2021/8/6 23:35)

     広場にサッカースタジアムを建てる市は今月中旬以降に遺構を撤去する方針だ。正さんは「最後だから」と4歳上の姉道子さん(80)=安佐北区=を現地に誘った。「私も月夜に抱っこをしてもらったことぐらいしか記憶がないの。生まれたばかりのこの子は…」。道子さんは傍らの正さんを見やった。  「『80歳近くまで元気に生きました。間もなくお会いしましょう』。おやじにそう伝えたい」。正さんは努めて明るく振る舞…
  • 市民の連帯で理想像示す 広島平和宣言、具体的提言少なく [2021ヒロシマ] (2021/8/6 21:47)

     たとえば、6月に市議会が制定した平和推進基本条例と、中央公園広場(中区)のサッカースタジアム建設予定地で見つかった旧陸軍の被爆遺構の保存。市民の意見が割れる中、「異なる意見に耳を傾け、着地点を探る」という議論のプロセスが軽んじられていなかっただろうか。それこそが、平和の礎となる営みであるにもかかわらずだ。  核兵器廃絶へ世界の市民と共に歩むため、明確なメッセージと、それに矛盾しない行動が、…
  • 輜重隊遺構の保護策を 考古学協会、広島市に要望 [中国地方のニュース] (2021/8/5 22:48)

     日本最大の考古学会、日本考古学協会(東京)は5日、サッカースタジアム建設予定地の中央公園広場(広島市中区)で見つかった旧陸軍の輸送部隊「中国軍管区輜重(しちょう)兵補充隊(輜重隊)」施設の遺構に関する要望書を市に提出した。市民、学識経験者の意見を広く聞き、遺構の重要性と価値を十分に検討した上で適切な保存対策を取るよう求めている。  要望書は、松井一実市長宛て。再開発で被爆の痕跡の多くが失われてい…
  • 広島市中区の平和大通り一帯にホテル続々 便利な立地、コロナ収束後の需要見通す [経済ニュース] (2021/8/5 22:13)

     競合相手の進出が相次ぐ中、昨年12月にザ・ノット広島を共同で開業した不動産業いちご(同)の石原実副社長は「ホテル数はちょうどいいくらいだ。感染拡大前の広島は観光客が多く、不足していた」と指摘。2024年の開業に向けた中央公園広場(中区)でのサッカースタジアム建設計画にも「市中心部に、これまでにないにぎわいが生まれるはずだ」と期待している。(森岡恭子)