サイト内検索

キーワード

新しい順 | 古い順 | 閲覧数順

 
  • ドラフト会議の検索結果(2ページ目)

    245件見つかりました。

  • 大逆転のCS進出なるか、森下暢仁を中5日にスクランブル態勢 [話題] (2021/10/13 15:54)

    【関連】1・2位は即戦力左腕 ドラフト会議で7選手と交渉権 【関連】1位指名の黒原、特長は?  ▽森下16日先発濃厚の理由は…  10日の巨人戦で約3カ月ぶりの勝利を挙げた右腕は13日、登板3日前に取り組む往復100メートルのシャトルランを実施。9日の同戦に先発した高橋昂也は10日に出場選手登録を抹消された。7日を最後に登板のない玉村昇悟は、12日に先発した九里亜蓮と同じランニン…
  • 【プロ野球】花田きっぱり「投手で勝負」 巨人指名、北広島出身初のプロ [地域スポーツ] (2021/10/13 8:47)

     広島県北広島町の出身者初のプロ野球選手が誕生する。新庄高の右腕花田侑樹が11日のドラフト会議で、巨人から7位指名を受けた。「地域の期待と応援に応えたい」と生まれ育った地元への感謝を胸に、夢の舞台での活躍を誓う。  田口(ヤクルト)堀(日本ハム)ら好左腕を輩出してきた同校。「近くで甲子園に行ける学校だから」と進学を決めた。先に評価されたのは打撃センスだった。長打力のある一塁手として1年秋から…
  • 10月12日DeNA戦 うかうかできぬ世代交代 [球炎] (2021/10/12 23:09)

     4年前のあの夜の気持ちを、会沢は今も覚えている。「やばいな、と思いましたよ」。2017年10月26日のドラフト会議。広島が高校生捕手の中村奨を1位指名の抽選で引き当てたからである。  その年、会沢は100試合以上に出場。打てる捕手という独自の地位を固めつつあった。甲子園を沸かせた打者といえども力の差は大きく、ライバルにはなりようがなかった。それでも本人は違った。新顔へと寄せる球団の期待、持って生…
  • カープ、今季2度目の6連勝 九里リーグトップの12勝目、鈴木は34号 [成績] (2021/10/12 21:06)

    プロ野球ドラフト会議2021 床田、13日DeNA戦で先発 中部学院大の後輩ドラ4坂田にエール  九回に登板した栗林良吏が無失点で締めて15試合連続セーブとし、1991年に大野豊が記録した球団記録の14を塗り替えた。32セーブとなり、90年の与田剛(中日)の31セーブを抜いて新人歴代2位とした。  打線は4番鈴木誠也が全3打点を挙げた。四回に左翼線を破る先制二塁打。八回には34号2ラ…
  • 石見智翠館高の山崎選手「必要とされる存在に」 育成ドラフト、ソフトバンク7位指名 [中国地方のニュース] (2021/10/12 21:02)

     職員室で待機していた山崎選手に吉報が届いたのはドラフト会議が始まってから約3時間後。「不安もあったが自分を信じて待った」と笑みがこぼれた。  大阪府出身。小1で野球を始め高校入学で親元を離れた。朝食の後におにぎり、昼食の後にもおにぎりを食べる食生活と下半身の強化で入学時から球速を10キロ以上上げて最速143キロに。切れのあるカットボールも操り、島根大会決勝では初の無安打無得点試合でチームを甲子園…
  • 山口県内高出身2選手、ドラフト指名で喜びの声 [中国地方のニュース] (2021/10/12 21:02)

     11日のプロ野球ドラフト会議で、高川学園中高(防府市)出身で、東北福祉大4年の椋木(むくのき)蓮投手(21)がオリックスから1位指名、宇部工高(宇部市)3年の小森航大郎内野手(18)がヤクルトから4位指名された。山口県高野連によると、県内高出身の選手が1位指名されるのは元広島東洋カープの故津田恒美投手以来40年ぶり、高校生が指名されるのは11年ぶりの快挙という。両校では喜びの声が上がった。 …
  • アイドルグループ「STU48」に殺害予告 埼玉の男を逮捕、広島中央署 [トピックス] (2021/10/12 20:52)

    プロ野球ドラフト会議2021 数百羽のツバメの大群が団地に飛来 広島県廿日市市【動画】 広島市東区でサソリモドキ3匹見つかる 繁殖の恐れも【動画】
  • 床田、13日DeNA戦で先発 中部学院大後輩の育成ドラ4坂田にエール [話題] (2021/10/12 17:37)

     11日のドラフト会議では育成ドラフト4位で中部学院大の後輩、右腕坂田が指名を受けた。「まずは支配下選手になれるように頑張ってほしい」とエールを送った。
  • 1位は黒原投手(関学大) ドラフト会議、3投手4野手を指名 [話題] (2021/10/12 0:13)

     プロ野球の新人選手選択会議(ドラフト会議)が11日、東京都内のホテルであり、広島東洋カープは1位指名した関学大の左腕黒原拓未投手(21)ら7選手の交渉権を獲得した。  左腕投手を補強ポイントに掲げた広島は1位を2度抽選で外した末に、安定感のある黒原投手を指名。2位は三菱重工Westの左腕森翔平投手(23)、3位ではトヨタ自動車の中村健人外野手(24)の交渉権を得た。4位は愛知・愛工大名電高の田村…
  • カープ、1・2位は即戦力左腕 ドラフト会議で7選手と交渉権 [話題] (2021/10/11 20:18)

     広島東洋カープは11日、東京都内であったドラフト会議で投手3、野手4の計7選手の交渉権を獲得した。1位黒原拓未(関学大)、2位森翔平(三菱重工West)とも即戦力候補の左腕。現状、ローテーションには左投手が増えている中、さらなる強化を図る。 【特集】12球団の指名選手たち  課題である右打者は、3位で中村健人(トヨタ自動車)、6位で末包昇大(大阪ガス)と社会人野手を指名。4位で高校生…
  • 【速報】カープ、黒原(関学大)を1位指名 150キロの速球派左腕 [話題] (2021/10/11 18:03)

     プロ野球のドラフト会議が11日、東京都内であり、広島東洋カープは1位で黒原拓未投手(関学大)の交渉権を獲得した。 【黒原選手の特長は?】  黒原は150キロ以上の球速を誇る左腕。身長173センチで直球とチェンジアップ、スライダーを小気味よく投げ込む。球団は即戦力投手として期待する。佐々岡監督は「若い投手が多いので、溶け込めると思う。ローテーションを勝ち取ってほしい」と話した。 …
  • ドラフト1位指名の決定持ち越し 絞り込みは11日当日 [話題] (2021/10/10 20:16)

     広島東洋カープは10日、11日のドラフト会議に向けたスカウト会議を東京都内で開いた。他球団の動向を想定し、複数の指名パターンを検討したが、最終的な1位指名を決定しなかった。当日のドラフト会議の前に、もう一度話し合いをし、絞り込むこととなった。 【関連】最速152キロ小園が高評価 風間・森木も1位候補 高校生注目選手 【一覧】過去のドラフト指名 中国地方ゆかりの選手  松田元オー…
  • 【プロ野球】最速152キロ小園が高評価 風間・森木も1位候補 ドラフト会議、高校生注目選手 [地域スポーツ] (2021/10/9 8:05)

     11日のプロ野球ドラフト会議で指名が有力な高校生を探った。  実力のある選手がそろった投手では、今春の選抜大会に出場した市和歌山の小園健太が目玉になりそうだ。最速152キロの速球に加え、多彩な変化球もレベルが高い。複数の球団が高く評価し、1位指名で競合の可能性もある。  今夏の甲子園大会に出場したノースアジア大明桜(秋田)の風間球打はフォームこそ粗削りだが、最速157キロの剛速球は魅力十分。高知…
  • 【プロ野球】中国地方から11人プロ志望届 新庄高・花田には11球団が調査書 [地域スポーツ] (2021/10/8 8:03)

     11日にあるプロ野球ドラフト会議では、社会人選手の他、日本高野連と全日本大学野球連盟に「プロ野球志望届」を提出した高校生159人と大学139人が指名対象となる。  中国地方からは11人が「プロ野球志望届」を提出した。高校生は広島・新庄の最速146キロ右腕、花田侑樹投手や山口・宇部工の走攻守がそろった小森航大郎内野手のほか、山口・周防大島の上岡奨外野手、岡山はおかやま山陽の大槙優斗投手と高梁…
  • ドラフト取材の必需品 [運動部デスク日誌] (2021/10/7 8:00)

     プロ野球のドラフト会議が11日にある。ドラフト取材当日は毎回、西へ東へ動き回ったドタバタ劇しか思い出がないが、取材した選手がプロで活躍するシーンに触れると、感慨深いものがある。  ドラフト取材の際、必ず持参するものがあった。カープの赤い帽子だ。チームがあらかじめ用意しているケースもあるが、現地で調達するのは難しい。指名選手にとっては晴れの一日。紙面に掲載する写真を彩るためにも、欠かせないグ…
  • 「赤いハンカチ王子」の記憶 [運動部デスク日誌] (2021/10/6 8:00)

     個人的に思い出すのは、それより1年前の05年10月。彼が指名されたドラフト会議のことだ。私は広島の外れ1位候補だった炭谷銀仁朗の平安高(現龍谷大平安)にいた。炭谷が西武に1巡目指名された後、京都駅へ移動し待機。3巡目で斉藤が指名された直後、特急に乗り込み福井へ向かった。福井商高に到着した時には、周りは薄暗く、会見も胴上げも全て終わっていた。それでも、「大丈夫です」と爽やかに対応してくれた姿が忘れ…
  • 杉本裕太郎・山本由伸…中国地方ゆかりのドラフト指名選手たち [話題] (2021/10/3 9:00)

     プロ野球のドラフト会議が、11日に東京都内で開かれる。2015年からの6年間で、中国地方ゆかりの選手は育成選手を含めて計56人が指名された。過去の指名選手を年度ごとに振り返る。(記録は9月30日現在)    【一覧】過去のドラフト指名 中国地方ゆかりの選手はこちら <2015年>  日本ハムが広島・広陵高出身の上原健太(明大)を「外れ外れ1位」で指名。前年の有原航平に続き、2年連…
  • 早大三羽がらす  [運動部デスク日誌] (2021/10/2 8:00)

    …、決勝で北海道・駒大苫小牧高の田中将大(現楽天)の投げ合いで一躍時の人に。「ハンカチ王子」と呼ばれ、早大に進学。東京六大学史上6人目の通算30勝、300奪三振を達成した。忘れられないのが10年10月のドラフト会議だ。  斎藤に大石達也、福井優也の3投手は「早大三羽がらす」と呼ばれ、いずれも1位指名が濃厚だった。広島東洋カープが大石を1位指名予定だったため、昼から早大のグラウンドに。しかし、…
  • 高校生投手を1位指名へ スカウト会議で方針 [話題] (2021/10/1 23:19)

     広島のスカウト会議が1日、球団事務所であり、11日のドラフト会議で高校生投手を1位指名する方針を固めた。森木大智(高知高)小園健太(市和歌山高)風間球打(秋田・ノースアジア大明桜高)の右腕3投手を候補に挙げ、今後最終決定する。  白武佳久スカウト部長は「現時点では3人のうち1人を(1位)指名するのではないかという内容の話が出た」と説明。チームは右打者や、すぐ1軍で戦力となる投手を必要とする…
  • ドラフト1位候補に小園健太・森木大智・風間球打の高校生3投手 [話題] (2021/10/1 14:31)

     広島東洋カープは1日、11日のドラフト会議で高校生投手を1位指名する方針を固めた。候補は、小園健太(市和歌山高)森木大智(高知高)風間球打(秋田・ノースアジア大明桜高)の3投手。  この日は球団事務所でスカウト会議を開いた。球団幹部や担当スカウトが大学生、社会人選手の映像を確認。白武スカウト部長は「(高校生投手)3人のうち1人にいくのではないかという内容の話が出た」と説明した。次回は10日…