サイト内検索

キーワード

新しい順 | 古い順 | 閲覧数順

 
  • ドラフト会議の検索結果(10ページ目)

    245件見つかりました。

  • 一夜明け、森下ブルペン入り [ドラフト2019関連記事] (2019/10/18 20:43)

     ドラフト会議から一夜明けた18日、広島から1位指名を受けた明大の森下は、東京都内の同大グラウンドであった練習に加わり、リラックスした表情で汗を流した。即戦力として期待される右腕は「(会見に詰め掛けた報道陣が)今までに経験のない多さで緊張しました」と笑顔で振り返った。  前夜は善波監督らとの食事会でお祝い。合宿所に戻った後は祝福メールの返信に追われるなどし、約3時間しか寝られなかったが「あり…
  • 10月28日ヤクルト戦 遠藤4勝、成長刻む 初回抑え波に乗る [成績] (2020/10/28 23:10)

     ドラフト会議では即戦力候補が3人指名され、来季の競争は激しくなる。「(高橋)昂也さんや山口も上がってくる。負けないよう、ガンガンやっていく」。つかんだ場所は明け渡さない。(八百村耕平)
  • 第2部 <9> 1983年 1位川端、2年目に飛躍 [カープドラフト史] (2019/11/21 1:13)

     1位指名は即戦力投手という大方針は揺るがなかったが、広島は誰を指名するか迷いに迷った。1983年のドラフト会議。前日のスカウト会議は、東海大の高野光か東芝の川端順かを巡り、3時間に及ぶ激論となった。  スカウト会議の争点の一つは「どちらが早く(1軍に)出てくるか」であった。2、4、2位と3年連続で優勝から遠ざかっていた。Vライン到達には10勝前後の上積みが欲しかったのだ。  スカウト…
  • 第3部 <2> 1986年 逸材と確信、3位で緒方 [カープドラフト史] (2019/12/3 22:52)

     「この子に懸けてみたいと思ったんだが…」。1986年のドラフト会議を振り返り、広島のスカウト部長だった木庭教は苦い表情を浮かべた。翌年退団、大洋(現DeNA)に移ることになる木庭にとって広島での最後のドラフト。無名の好素材発掘に手腕を発揮してきた「名スカウト」の面目躍如となるはずが、空振りに終わった。  不作どころか凶作といわれたドラフトだった。広島は甲子園で活躍して「怪物」といわれた左腕…
  • 寺島ら4投手が高校生上位候補 スカウト会議 [ドラフト2016関連記事] (2016/8/19 11:59)

     広島は19日、広島市南区の球団事務所でスカウト会議を開いた。今秋のドラフト会議で高校生の上位指名候補に、夏の甲子園で活躍した寺島成輝(大阪・履正社)高橋昂也(埼玉・花咲徳栄)の両左腕、藤平尚真(神奈川・横浜)今井達也(栃木・作新学院)の両右腕を挙げた。  各担当スカウトらが出席し、4投手をドラフト1位級と評価。松田元オーナーは「(藤平と今井の)右腕は即戦力に近い。(チーム事情では)左腕も欲…
  • 第3部 <3> 1987年 故障に泣いた1位川島 [カープドラフト史] (2019/12/4 23:18)

     ソウル五輪を控え、代表入りが有力な社会人選手が指名凍結となった。ただ高校生に好素材が目立ち、1987年のドラフト会議には、前年ほどの「不作感」はなかった。  話題性では立大の三塁手、長嶋一茂が群を抜いていた。ミスタープロ野球、長嶋茂雄の長男。巨人は指名せず、ヤクルトと大洋(現DeNA)が1位入札し、ヤクルトが交渉権を得る。広島も一時獲得を検討したが見送った。  広島が1位で狙っていた…
  • 田中・山岡・堀ら13人に絞り込む ドラフト1位候補 [ドラフト2016関連記事] (2016/10/7 12:03)

     広島は7日、広島市南区の球団事務所でスカウト会議を開いた。20日のドラフト会議の1位指名候補を、田中正義(創価大)山岡泰輔(東京ガス、広島・瀬戸内高出)堀瑞輝(広島・新庄高)ら13人に絞り込んだ。  松田元オーナーや各地区の担当スカウトが出席。佐々木千隼(桜美林大)加藤拓也(慶大)柳裕也(明大)や、「高校ビッグ4」と評される寺島成輝(大阪・履正社)高橋昂也(埼玉・花咲徳栄)ら11投手のプレ…
  • ママのスキルに企業「いいね!」 山口43人、再就職へ自己PR [中国地方のニュース] (2020/11/25 21:00)

     結婚や出産を機に離職した女性が企業に再就職への熱意を訴える「ママドラフト会議in山口」が25日、山口市内の結婚式場であった。山口県などが企画し、事前講座でスキルに磨きを掛けた27〜46歳の43人が参加。女性の雇用に前向きなホテルや保険会社など地場企業55社の採用担当者に魅力を売り込んだ。  参加者が順に自己アピールし、企業側が関心を持てば「いいね!」と書かれたカードを掲げる仕組み。防府市田島の主…
  • 広島、中村(広陵高)競合想定 26日ドラフト会議、外れたら即戦力投手 [ドラフト2017関連記事] (2017/10/26 10:22)

     プロ野球の新人選手選択会議(ドラフト会議)が26日午後5時から東京都内のホテルで開かれ、高校通算最多とされる111本塁打を放った清宮幸太郎内野手(東京・早実高)がソフトバンク、阪神など複数球団からの1位指名が確実となっている。今夏の全国高校選手権で1大会最多記録の6本塁打をマークした中村奨成捕手(広島・広陵高)は広島が1位指名を明言し、中日も1位候補に挙げる。長打力を誇る安田尚憲内野手(大阪・履…
  • 第2部 <6> 1980年 「隠し1位」で左腕川口 [カープドラフト史] (2019/11/17 22:44)

     東海大の原辰徳をどの球団が指名、獲得するか。1980年ドラフト会議の最大の関心事だった。神奈川・東海大相模高で甲子園を沸かせたヒーローは4年間で一段と成長。スター性も抜きんでていた。  広島は山本浩二、衣笠祥雄の後継者となる野手に照準を定めて会議に臨んだ。同年は原のほか、プリンスホテルの遊撃手石毛宏典や捕手中尾孝義ら期待の即戦力野手がいたが、いずれも希望球団があった。原は巨人か大洋(現De…
  • 【こぼれ話】<10> 「投手重視」 先発フル回転、難しく [カープドラフト史] (2019/12/5 7:50)

     55回を数えるドラフト会議で、広島は投手を重点的に指名してきた。  第1次、2次と分かれたり、高校生と大学・社会人を別々に指名したり、ドラフトの仕組みは何度か変わった。トップ指名を1位と呼ばない年もあった。希望枠や自由枠、1巡目指名といった「実質1位」をドラ1に位置づけると、広島の1位選手は計58人。そのうち投手は38人で6割5分を占めている。1992〜97年は6年連続で投手が1位。5年連…
  • 【2000年連載「赤ヘル新人群像」】 <6> 河内貴哉(投手)=ドラフト1位 [球団70年を彩った男たち] (2020/11/26 19:15)

     絵に書いたような「優等生」である。都内有数の進学校、国学院久我山高で、成績はクラス40人中10番。昨年11月のドラフト会議当日、同校であった記者会見では、主役の本人が率先して会場の後片付けまでしたほどだ。  1月9日の広島の大野合宿所入寮日。「朝が弱い」と、かばんの中には目覚まし時計4個をしのばせていた。広島入りの前に、虫歯の治療まで済ませておいた。あいさつ、礼儀…。どれをとっても合格点。…
  • 高校生の指名候補確認 広島スカウト会議 [ドラフト2019関連記事] (2019/8/21 17:00)

     広島のスカウト会議が21日、広島市南区の球団事務所であった。10月のドラフト会議に向け、松田元オーナーや担当スカウトらが高校生の指名候補を確認。すでに高評価だった最速163キロの佐々木朗希投手(岩手・大船渡)に加え、夏の甲子園で150キロ台を連発した奥川恭伸投手(石川・星稜)を高評価した。  甲子園や地方大会でのプレーを映像でチェックした。苑田聡彦スカウト統括部長は「2人が抜けている。奥川…
  • 1位は小園(報徳学園高)か、最終結論は持ち越し 25日ドラフト会議 [ドラフト2018関連記事] (2018/10/25 0:00)

     プロ野球の新人選手選択会議(ドラフト会議)が25日午後5時から東京都内のホテルで開かれる。投打で大阪桐蔭高の春夏連覇に貢献した根尾昂内野手が複数球団から1位指名されるのが確実となっている。ヤクルト、巨人、中日の3球団が1位指名を表明し、阪神、日本ハム、楽天なども可能性がある。広島は1位指名の結論を会議当日に持ち越した。  ▽指名なら2球団と抽選  根尾とチームメートで夏の甲子園大会で…
  • 山岡ら5投手、1位候補確認 スカウト会議 [ドラフト2016関連記事] (2016/9/28 12:00)

     広島は28日、広島市南区の球団事務所でスカウト会議を開いた。ドラフト会議(10月20日)の大学と社会人の指名候補30人のうち、山岡泰輔(東京ガス、広島・瀬戸内高出)ら5投手を1位候補に挙げた。  松田元オーナーと各地区の担当スカウトが出席。田中正義(創価大)加藤拓也(慶大)柳裕也(明大)佐々木千隼(桜美林大)を加えた5右腕の映像をチェックした。  苑田聡彦スカウト統括部長は「5人とも…
  • <29>コイごころはネットに載せて [球団70年を彩った男たち] (2020/3/25 20:44)

    …試合の感想を述べ、またある人は特定の選手への思い入れをつづる。今年のふがいない戦いぶりを嘆く人あれば、球団の歴史を追う人あり。アクセスした人が自由に意見を述べ合う「掲示板」では、チーム再建策から今年のドラフト会議の指名予想まで、論議が始まっている。  ■アクセス4万件  情報の豊富さと速報性に定評がある「Connie's CARP Page(コニーズ・カープ・ページ)」。運営する小西…
  • ドラ1森下、慶大戦で最速153キロ11奪三振 [ドラフト2019関連記事] (2019/10/20 21:22)

     ドラフト会議後、初のマウンドは悔しい幕切れとなった。広島から1位指名を受けた明大の森下が20日、東京六大学野球リーグの慶大戦に先発。1―1の九回2死一、二塁からサヨナラ打を浴び、敗戦投手となった。「ふがいない投球で負けてしまった」。159球の熱投を、険しい表情で振り返った。  我慢強さは示した。三者凡退は3度。走者を背負っても、最速153キロをマークした直球や変化球を織り交ぜて11三振を奪…
  • ドラ3ケムナ、膨らむ夢 指名あいさつ [ドラフト2017関連記事] (2017/11/1 0:00)

     田村スカウトと末永スカウトが、大分市の同大を訪問。緒方監督のサインが入ったドラフト会議の入場証とピンバッジを手渡した。田村スカウトは「体力面は課題だが、筋力が上がってくれば球のスピードや切れはもっと上がる」と素材を評価。数年後の先発ローテーション入りへの期待を口にした。  米国ハワイ州生まれのケムナは3歳で家族と来日。5歳の時に広島がキャンプを張る宮崎県日南市に移住した。「小さい頃から憧れ…
  • 中村を1位指名へ 広陵高捕手、夏の甲子園6本塁打 [ドラフト2017関連記事] (2017/10/15 0:01)

     広島東洋カープは14日、広島市南区の球団事務所でスカウト会議を開き、26日のドラフト会議で広島・広陵高3年の中村奨成捕手(18)の1位指名を決めた。苑田聡彦スカウト統括部長は「野球センスが高い。20、30年に一人といえるほどの肩(の強さ)を持っている選手」と評価し、入札を明言した。  広島は即戦力の社会人投手も1位候補に残していたが、中村捕手が廿日市市出身で、地元ファンの期待も高いことなど…
  • ドラ3大道「開幕1軍目指したい」 指名あいさつ受け [ドラフト2020関連記事] (2020/11/6 16:35)

     広島は6日、ドラフト3位で交渉権を獲得した大道温貴(はるき)投手(八戸学院大)に指名あいさつした。青森県八戸市の同大を近藤、高山の両スカウトが訪問。佐々岡監督のサインが入ったドラフト会議の入場証を手渡された大道は「開幕1軍を目指したい」と目標を口にした。  最速150キロ右腕は大学1年春から活躍してきた。「北東北リーグはなかなか注目されない。1年からずっと実績を積んで、3年秋に注目されてか…