ニュース特集

河井夫妻買収事件公判

 2019年7月の参院選広島選挙区を巡る大規模買収事件で、公選法違反(買収、事前運動)の罪で起訴された河井克行・案里夫妻。地元政界を大きく巻き込んだ事件の公判で、夫妻は無罪を主張し、検察側と全面対立の展開となった。公判の内容と関連する動きを詳しく伝える。


【争点】

 起訴状によると、克行被告は2019年3〜8月に計128回、案里被告を参院選広島選挙区で当選させる目的で広島県内の地方議員や首長、後援会の会員ら100人に票の取りまとめなどを依頼し、計2901万円を渡したほか、うち5人については、案里被告と共謀して計170万円を渡した疑い。
 公判では、克行、案里両被告が渡したとされる現金の「趣旨」が最大の争点となる。中でも、地方議員や首長だった40人に注目が集まる。
 一方、両被告は無罪を主張。現金提供はおおむね認めた上で「投票や投票の取りまとめを依頼する趣旨で供与したものではない」と買収目的を否定している。また、弁護側は、検察が有利な供述を得るため、地元議員らとの間で刑事処分を見送る違法な取引をしたとして、公判を打ち切る公訴棄却を求めている。

【現金持参時の発言】

 受け取った側の中国新聞への証言から、現金を配る際、克行被告は硬軟織り交ぜた言葉や手法を使ったとみられる。「受け取れ」。克行被告に面会を求められ、安佐南区内の事務所に出向いた元地方議員は、机に白い封筒を置かれて固まっていると、そう言葉を浴びせられた。地方議員へ現金を渡した名目の多くは、昨年4月の統一地方選の「当選祝い」。ある県議によると、当選から間もなく、一度も会ったことのないはずの克行被告が自身の事務所を訪問。「人気があるんだねえ」と30万円入りの封筒を置いて帰った。政治家の先輩には低姿勢だった。あるベテラン議員には「案里をお願いします」「わずかなものですから」と50万円を渡した。
 後援会員たちには「みなさんで食事でも」「燃料代」などと言って、小遣いを渡すように駆け足で配り歩いた。巧妙といえる手口を明かす声も。「激戦だから、これを読んで」。安佐北区の男性には、参院選の情勢を報じる週刊誌の記事のコピーを渡した。二つ折りにした間に5万円を挟んでいた。別の女性宅では、茶を用意してもらっている間に席を立ち、机に5万円入りの封筒を残していた。

【原資】

 両被告が地方議員らに配った2901万円の原資も大きな焦点。参院選前に自民党本部から夫妻側に渡った1億5千万円の使途もなお不透明だ。司法の場で実態がどこまで明らかになるのかも注目される。
 両被告が支部長だった二つの政党支部には、案里被告が参院選の自民党公認候補に決まった2019年3月13日以降、同4〜6月に党本部から計1億5千万円が入金された。うち1億2千万円は税金が原資の政党交付金からだった。
 ただ、両支部が参院選後に県選管へ出した報告書では1億5千万円の使い道は判然としない。東京地検は両被告を起訴後、原資について「必要があれば、公判で明らかにする」と述べた。

決別 金権政治
河井夫妻買収事件の経緯
克行元法相発言録〜青年期から

公判詳報 法廷での攻防

河井夫妻買収事件公判

  • 【2020年5月24日投票】橋本氏が初当選 新人対決を制す(投票率77.94%) [安芸太田町長選] (2021/5/14 14:14)

     町長選は、いったん任期満了に伴う10月の実施が決まっていた。しかし小坂真治前町長(71)が4月、自民党の河井案里氏(参院広島)が初当選した昨年の参院選前に夫の克行前法相(衆院広島3区)から封筒に入った現金20万円を受け取っていたことを明らかにし、辞職して早まった。  当日の有権者数は5372人。投票率は77・94%で、前回(75・32%)を2・62ポイント上回った。  橋本博明(はし…
  • 歳費法改正へ立民がWT 有罪時に返還義務付け、案里氏の事例踏まえる [決別 金権政治] (2021/5/13 22:59)

     2019年の参院選広島選挙区の大規模買収事件で有罪が確定し当選無効となった河井案里元参院議員の事例を踏まえた。案里氏には当選後、歳費など計4942万円が支払われた。  WTでは自民党本部が案里氏陣営に提供した1億5千万円に関連し、買収などに政党交付金が使われた疑いがある場合、政党に調査・公表の義務を課すとともに、政党交付金の返還や次年度の減額を可能とする政党助成法改正も併せて検討する。 …
  • 歳費返還、法改正を要請 大規模買収事件受け自民広島県連が党本部に [決別 金権政治] (2021/5/12 23:50)

     自民党広島県連は12日、大規模買収事件で有罪が確定し当選無効となった河井案里元参院議員が多額の議員歳費を受け取っていたことに対する世論の反発を受け、国への返還を可能にする歳費法改正に取り組むよう党本部に申し入れた。離党した議員にも説明責任を果たさせることや、事件の舞台となった2019年参院選で案里氏陣営に提供した1億5千万円に関する明確な説明も求めた。  県連会長の岸田文雄前党政調会長(広…
  • 歳費返還、法改正を要請 大規模買収事件受け自民広島県連が党本部に [トピックス] (2021/5/12 22:44)

     自民党広島県連は12日、大規模買収事件で有罪が確定し当選無効となった河井案里元参院議員が多額の議員歳費を受け取っていたことに対する世論の反発を受け、国への返還を可能にする歳費法改正に取り組むよう党本部に申し入れた。離党した議員にも説明責任を果たさせることや、事件の舞台となった2019年参院選で案里氏陣営に提供した1億5千万円に関する明確な説明も求めた。 【特集】決別 金権政治  県連会長…
  • 「政治とカネ」追及続ける 初当選、宮口治子氏(無所属)に聞く [2021参院広島再選挙] (2021/5/12 10:36)

  • 「1億5千万円」「被買収議員」「河井夫妻の歳費」 大規模買収事件で浮き彫りになった問題 [河井夫妻買収事件公判] (2021/5/10 14:53)

     2019年の参院選広島選挙区を巡る大規模買収事件は、元法相の河井克行被告(58)=公判中=と妻の案里元参院議員(47)=有罪確定=の責任のほかにもさまざまな問題を突き付けている。主な内容は次の通り。  ■1億5千万円  自民党本部は参院選前の19年4〜6月、河井夫妻側に計1億5千万円を提供。うち1億2千万円は、税金から支出される政党交付金が原資だった。1億5千万円は、同選挙区で落選し…
  • 「被買収議員けじめを」「1億5000万円説明ない」 自民敗北の参院広島再選挙、読者の声【決別 金権政治】 [決別 金権政治] (2021/5/9 22:54)

     大規模買収事件で有罪が確定した河井案里元参院議員(47)の当選無効に伴い実施された参院広島選挙区の再選挙。「政治とカネ」の問題を考える連載「決別 金権政治」の第6部では「民意の風」と題して、自民党が敗北した背景を報告した。読者からは無料通信アプリLINE(ライン)などで意見が寄せられた。  ▽歳費返還・改革訴え  自民党は新人候補を立てて信頼回復を訴えたが、庄原市の公務員男性(61)…
  • 有罪確定議員の歳費返還へ法改正議論 公明、「政治とカネ」への批判に対応 [トピックス] (2021/5/7 23:17)

     公明党は同日、国会内で党政治改革本部の役員会を開催。2019年の参院選広島選挙区を巡る大規模買収事件で有罪が確定した河井案里元参院議員と、公判中の夫で元衆院議員の克行被告のケースを踏まえ、今国会中の改正を目指す方針を固めた。早期に改正案の原案をまとめ、自民党と協議に入る構えだ。「会期末の6月16日までの成立となるとかなりタイトだ」(与党関係者)との見方もある。  同法に歳費の返還請求や支給…
  • 国民投票法改正案 課題積み残し許されぬ [社説] (2021/5/3 6:00)

     一昨年の参院選広島選挙区を巡っても、カネで結果を左右しようとする動きがあった。河井克行、案里夫妻による大規模買収事件である。自民党本部は、河井陣営に渡した選挙資金1億5千万円の使途すら説明していないことを忘れてはなるまい。  カネで世論を動かそうとする行為は民主主義に反する。ましてや憲法の是非を問う国民投票の場に持ち込まれることが、あってはならない。  目覚ましく発達しているインター…
  • 【ルポ群馬】「時期来たら説明責任果たす」ここでもあの言葉 [決別 金権政治] (2021/5/1 23:18)

     当時は河井案里氏に有罪判決が言い渡された直後。河井夫妻による大規模買収事件は、群馬県内の政界関係者の間でも話題になっていた。事務所に戻ってきた市議は、スタッフから「返した方がいい」と促されて翌日、封筒ごと返却した。  ▽対立の構図が尾を引いていた…  市議は市議選で再選を果たした。狩野県議と付き合いはなく、陣中見舞いをもらったこともない。「何でお金を持ってきたか分からない。儀礼的なも…
  • 【ルポ終えて】全国共通の課題見直しを [決別 金権政治] (2021/5/1 23:17)

     参院選広島選挙区の大規模買収事件も、自民党の候補同士が争う激戦が背景にあり、河井克行被告は参院選の3カ月前にあった広島県議選や市議選の陣中見舞い、当選祝いとして県議や市議に現金を渡したという。克行被告は3月の公判で「(妻の)案里の当選を得たい気持ちが全くなかったとは言えない」と説明。「当選祝い、陣中見舞いで渡せば、抵抗なく受け取ってもらえる」と語った。  河井夫妻の公判や中国新聞の取材では…
  • 現金返す市議たち「河井事件よぎった」 千葉・群馬でも水面下の授受表面化【決別 金権政治】 [決別 金権政治] (2021/5/1 22:56)

     千葉県東金市と群馬県前橋市で、市長や県議が市議選を控えた現職市議に陣中見舞いとして現金を渡したことが相次いで表面化し、波紋を呼んでいる。元法相の河井克行被告(58)=公判中=らが逮捕、起訴された参院選広島選挙区の大規模買収事件で「政治とカネ」に厳しい視線が注がれる中、現金を返す市議が続出したため。広島の事件の余波で水面下の現金授受が浮き彫りになった形だ。  東金市では市議選告示の約2週間前…
  • 【詳報・克行被告第55回公判】検察側論告<5>案里の間で共謀成立明らか [アーカイブ] (2021/5/1 2:27)

    …言わないでねという気持ちから、このように言った。」「案里から今日はやめておいてということであれば、私は、胡子市議に封筒を渡すことはしなかった。」「その後、胡子市議に対し、被告人と案里からという意味で『河井からです』と言って、封筒を渡した。」 「私は、被告人には、胡子市議に封筒を渡したことを報告した。案里には、最終確認という意味で見せていたし、同じ会場にもいたので、報告はしなかった。」 …
  • 【詳報・克行被告第55回公判】検察側論告<6>現金供与の趣旨、不合理な主張 [アーカイブ] (2021/5/1 2:27)

    …い。金額が増えた理由については、選挙の終盤だからしっかり頑張ってもらいたいという意思があったんじゃないかと思っている。」「同日の現金は、金額からすれば非常に大きいなという思いがあったので、後になって、河井事務所での顧問の要請の趣旨もあったのかなと思うようになった。」旨証言した。このように、元公設秘書は、2回目に供与された金額が1回目に供与された100万円から増額した200万円であったことや、2回…
  • 【詳報・克行被告第55回公判】検察側論告<7>受供与者は(不起訴約束の)存在を明確に否定 [アーカイブ] (2021/5/1 2:27)

    …者と被告人または案里との関係および供与状況等に加え、各現金供与当時に目前に迫っていたのは被告人の衆院議員選挙ではなく本件選挙であったこと、被告人が三矢会メンバーらに現金を供与した際に自己の広報誌「月刊河井克行」の配布や自己の活動状況の報告は一切行っていないことなどからすれば、その主たる趣旨が本件選挙における投票および選挙運動の報酬の趣旨にあったことは明らかであり、被告人の主張は、完全に荒唐無稽な…
  • 【詳報・克行被告第55回公判】検察側論告<1>選挙情勢は厳しいものと予想された [アーカイブ] (2021/5/1 2:26)

    河井克行 第1 序論 本件各公訴事実は、当公判廷において取調べ済みの関係各証拠により、その証明はいずれも十分である。 これに対し、被告人は、本件各公訴事実のうち、公訴事実第1については、河井案里(以下「案里」という。)とは共謀していないなどと主張し、公訴事実第2については、おおむね争わない旨述べつつも、(1)自己が令和元年7月21日施行の参議院議員通常選挙(以下「本件選挙…
  • 【詳報・克行被告第55回公判】検察側論告<2>被告人が取り仕切り役、信用できる証言 [アーカイブ] (2021/5/1 2:26)

    …力をお願いする内容の集会だった。案里は、県議では限界を感じた、国政に行って頑張りたいというような話をし、支援者によろしくお願いしますと言って投票及び投票の呼びかけの依頼を行っていた。」「同年6月には、河井案里さんを激しく励ます会という集会を三矢会の小学校区ごとの各支部ごとに複数回開いた。その会では、選挙事務所からは選挙の印刷物を渡して協力をお願いし、被告人及び案里も挨拶をしていた。」「これらの集…
  • 河井元法相に懲役4年求刑 検察「前代未聞で悪質」 [河井夫妻買収事件公判] (2021/4/30 23:00)

     2019年7月の参院選広島選挙区の大規模買収事件で地方議員や後援会員ら100人に現金を渡したとして公選法違反罪に問われた元法相で元衆院議員の河井克行被告(58)の論告求刑公判が30日、東京地裁(高橋康明裁判長)であり、検察側は「現職国会議員による犯罪史上、前代未聞の突出して悪質な公選法違反事件」として懲役4年、追徴金150万円を求刑した。5月18日の弁護側の最終弁論で結審し、6月にも判決が言い渡…
  • 実刑見込む検察「反省の情 皆無だ」 克行被告は時折あくび【激震 河井元法相公判】 [河井夫妻買収事件公判] (2021/4/30 22:55)

     「反省の情は皆無だ」―。東京地裁で30日にあった参院選広島選挙区の大規模買収事件の論告求刑公判で、検察側は元衆院議員の河井克行被告(58)の主張を「虚偽」と断じ、懲役4年を求刑した。克行被告は目を閉じて聞いていたが、時折あくびをするなど緊張感に欠けた姿勢も。実刑を見込む検察側の求刑に、弁護人は戸惑いの表情をにじませた。  2時間にわたった論告の終盤。「克行被告が犯行全体の首謀者」「当選7回…
  • 河井元法相に懲役4年求刑 検察側「前代未聞の大規模買収」 [社会] (2021/4/30 14:14)

     2019年の参院選広島選挙区を巡る買収事件で、公選法違反(買収、事前運動)罪に問われた元法相の前衆院議員河井克行被告(58)の論告求刑公判が30日、東京地裁(高橋康明裁判長)で開かれ、検察側は「元法相が選挙の最終責任者だった。前代未聞の大規模買収だ」と主張し、懲役4年、追徴金150万円を求刑した。  元法相は妻の案里元参院議員(47)=有罪確定=の当選を目指し、100人に計約2900万円を配った…