ニュース特集

西日本豪雨2年

定点写真 被災地の姿

 平成最悪の豪雨災害となった2018年の西日本豪雨は、各地で甚大な被害が出てから7月6日で2年となる。広島県内の被災地では復旧や砂防ダム整備の工事が続く。一方、自宅に戻れず仮設住宅などで「仮住まい」を続ける被災者は少なくない。被災地の姿を定点写真で追う。

jQuery Image compare
を左右にスライドさせてください。写真が比較できます。
Before
After

梅河ハイツ(広島市安芸区矢野東7丁目)

・写真左:土石流が治山ダムを乗り越え梅河ハイツの民家を直撃した(2018年7月13日)
・写真右:巨大な砂防ダムが建設され、奥には元あった治山ダムも見える(2020年6月23日)

その他の定点写真はこちら→

どうする コロナ禍の避難
[映像]空から見る被災地の今
データで見る被害と復旧・復興

関連記事

  • 江の川、流域治水へ推進室 [本を読もう] (2021/5/1 20:36)

    … 江の川は三次市や島根県川本町、江津市などを流れる中国地方で一番大きな川です。自然の恩恵を受けて川遊びも楽しめる一方、1972年や83年など繰り返し水害が起きてきました。最近も、2018年7月の西日本豪雨と20年7月に相次ぎ、復旧したばかりなのにまた水に漬かった家もありました。  次の被害を防ごうと、川を管理する国土交通省などが新しい組織をつくり、対策を考え始めました。これまでにも、堤防の…
  • 【ヤマネホールディングス(広島市南区)社長 山根誠一郎さん(47)】木の家づくり 豊かさ追求 [学生リポーターが聞く] (2021/4/28 15:26)

     2011年、就任の約1カ月後に東日本大震災が起きた。その3年後に広島土砂災害。そして18年に西日本豪雨があり、20年からは新型コロナウイルスの影響…。もちろん危機に備えるわけだが、何か一つにつまずいたら一気に倒れてしまうような、薄氷を踏むような、そんな思いはあった。でも、大切なのは一つ一つの仕事をどうこなしていくかだ。  16年、本社敷地内に家具のショールーム「デジマストック」を開業した。家は…
  • 白菜農家、脱税認める 「農業は不安定」水戸地裁 [社会] (2021/4/27 9:18)

  • 日浦山神社復旧へママ結束 25日、防災の催しで資金募る [中国地方のニュース] (2021/4/23 7:58)

     西日本豪雨の土石流で神楽殿や鳥居が流失する被害が出た広島県海田町畝の日浦山春日神社の復旧を支援しようと、神社の周辺で被災した子育て世代の女性たちが資金集めに力を入れている。25日には防災をテーマにしたイベントを町内で開き、募金箱を置く。被災の経験を踏まえ、備えの大切さを再確認する機会にもしたい考えだ。  ピアノ講師の今田朋子さん(40)たち8人が実行委員会を設立し、神社近くのレンタルスペース「&…
  • 聖火、仮設住宅で暮らす中2走る 愛媛で西日本豪雨の復興願い [東京五輪] (2021/4/22 17:56)

     東京五輪の聖火リレーは22日午後も愛媛県で続き、2018年7月の西日本豪雨で被害を受けた西予市や大洲市へ。西予市では、今も仮設住宅で暮らす市立野村中2年の越智夢望さん(13)が復興への思いを胸に走った。23日から九州に入り、大分県で行われる。  豪雨では、災害関連死を含め県内で33人が犠牲となった。西予市では、ダムの緊急放流後に肱川が氾濫した影響などで6人が亡くなり、一時は900人以上が避難生活…
  • 聖火、仮設住宅で暮らす中2走る 愛媛で西日本豪雨の復興願い [スポーツ] (2021/4/22 17:56)

     東京五輪の聖火リレーは22日午後も愛媛県で続き、2018年7月の西日本豪雨で被害を受けた西予市や大洲市へ。西予市では、今も仮設住宅で暮らす市立野村中2年の越智夢望さん(13)が復興への思いを胸に走った。23日から九州に入り、大分県で行われる。  豪雨では、災害関連死を含め県内で33人が犠牲となった。西予市では、ダムの緊急放流後に肱川が氾濫した影響などで6人が亡くなり、一時は900人以上が避難生活…
  • 新宮の空、泳ぐこいのぼり 紀伊豪雨10年、復興を思い [社会] (2021/4/22 11:24)

     紀伊半島3県で2011年に88人の死者・行方不明者が出た豪雨災害から9月で10年になることから、被災した和歌山県新宮市の熊野川町地区で22日、復興の思いを込めたこいのぼりが揚げられた。約30匹が大空を泳ぎ、5月5日の端午の節句を迎える。  主催する住民団体によると、熊野川町地区では豪雨災害で、毎年揚げていたこいのぼりが流失してしまった。そのため各地から提供してもらったものを、12年から掲げてきた…
  • 被災のお堂、憩いの場に 広島県熊野町重文の城堀不動堂、住民ら「地域の大切な宝」 [中国地方のニュース] (2021/4/15 13:58)

     広島県熊野町城之堀地区の住民が、2018年7月の西日本豪雨の土石流で、土砂や流木で埋まった町重要文化財「城堀(じょうのほり)不動堂」の復旧作業を終えた。2年以上かけて土砂などを取り除き、排水設備を整えたり、桜を植樹したりして境内を再整備した。地区内外の人が憩える場にしようと、ボランティアで取り組んだ。  城堀不動堂は、1806年に建立された、町内唯一となる江戸時代のつじ堂形式の建物。高さ約5・5…
  • 平和大橋、進まぬ道路拡幅 4度の入札不調などで未着工、完成予定から1年経過 [中国地方のニュース] (2021/4/12 21:33)

     入札不調が続く背景について、同課は「西日本豪雨の復旧工事や新型コロナウイルス禍の影響が考えられるが、正直答えが見つからない」と困惑する。市民から苦情や問い合わせも寄せられているという。  今後、夏までに業者を決め、21年度内の完成を目指す考え。同課は「不便をかける状態が続いている。業者に応じてもらえるよう契約内容の見直しを進めている」としている。(山崎雄一)  <クリック>平和大橋 …
  • 「平和文化」醸成に力注ぐ/再開発で街づくり軌道 就任10年迎える松井・広島市長に聞く [トピックス] (2021/4/9 22:54)

     ―14年8月の広島土砂災害と18年7月の西日本豪雨では、多くの犠牲者が出ました。  犠牲を生まないシステムの強化を続ける。広島土砂災害の後、危機管理部門を消防局から切り離し、空振りを恐れずに避難情報を迅速に出すようにした。防災リーダーを育成し、スマートフォン向けの防災アプリも開発した。ただ、住民の避難行動につなげることは徹底できていない。大きな課題だ。  ―被爆から76年。平和行政の…
  • 【詳報・克行被告第52回公判】弁護側被告人質問<5>応援弁士申し込んだが呼んでくれたことない [アーカイブ] (2021/4/6 0:37)

    被告 会派は宏池会主導の会派で、第三支部の会合にも来たり来なかったりした。平成30年7月6日の豪雨被災地は彼の地元で相談陳情を彼の手柄になるような形で処理したこともあり気を遣ったつもりだった。統一地方選の演説会にいつでも駆け付けますよと秘書を通じて本人に相談した。豪雨災害に木戸先生が頑張ったと私の口から代弁して有利にしようと配慮したが、4、5回開催しますとファクスがきたので全部出席すると答えたとこ…
  • 山手地区、生活の工夫は 尾道でツアー、住民が報告 [中国地方のニュース] (2021/4/4 7:59)

     豪雨災害で崩れた石垣や、廃材を燃料に使う民家も見学した。福山市駅家町の司法書士佐藤正和さん(38)は「改修で出るごみの大半を再利用していることに感心した。尾道は意識の高い人が多く、移住者には心強いと思う」と話していた。フリーマーケットなどの祭りは4日も開く。(森田晃司)
  • 【詳報・克行被告第51回公判】弁護側被告人質問<3>正しいことを言うと政治の世界では少数派になる [アーカイブ] (2021/4/1 2:29)

    …た。私が幼いころに過ごした三原のこと、神明市のことを天満さんに話したところ、2年連続で招待を受けました。妻も父も招かれ、昼食もやっかいになりました。いっそう関係が深くなったのは平成30年7月6日の集中豪雨。三原市で甚大な被害が出て、市長の先導で被災地を回り、意見交換しました。人間的にすばらしく、誠実な人ですし、裏表のない方。災害の視察は暑い時で、市長は汗をかきながら現場の様を熱っぽく訴えました。…
  • 「支え合い」9センター閉鎖 西日本豪雨で広島県内13市町が設立 [中国地方のニュース] (2021/3/31 21:12)

     西日本豪雨の被災者支援を目的に、広島県内11市町が設けていた「地域支え合いセンター」のうち、東広島市や熊野町など9市町のセンターが31日、一斉に閉鎖した。2018年7月の被災から2年8カ月がたち、対象者が減ったため。一方、専門家は継続的な支援の必要性を指摘する。  センターは被災者の孤立を防ぎ、早期の生活再建を支えるため、県内13市町が18年10月までに開設。相談員が仮設住宅や被災者宅を訪…
  • 江の川治水に重点 中国地方整備局、10年で250億円 [防災情報] (2021/3/31 9:08)

     特定区間は、江津市松川町八神から島根県川本町を経て美郷町都賀西までの約71キロ。邑南町を含む同県内の流域では、2018年7月の西日本豪雨と20年7月の豪雨で広範囲にわたる浸水被害が発生しており、河川改修事業の効果が極めて高いと判断した。  21年度は、既に事業化している江津市松川町八神、桜江町の大貫、川越の3地区で、用地買収や築堤に取り組む。同町市山地区を流れる支流の玉川の河川拡幅事業も国の補助…
  • 呉の72公共施設、復旧完了 西日本豪雨から2年9カ月、市営墓地の工事終わる [中国地方のニュース] (2021/3/27 16:04)

     2018年夏の西日本豪雨で被災した呉市の公共施設72施設の復旧が、26日で終わった。発生から2年9カ月を前に、残っていた市営望地墓地(上平原町)のの工事が完了した。市は引き続き、未完了の土木・農林業施設などの復旧を急ぐとしている。  市職員たち8人が同墓地を訪れ、設計図を見ながら工事した場所を確認した。裏山が豪雨で縦横約15メートルにわたって崩れ、フェンスを乗り越えて土砂が流入。墓3基を倒すなど…
  • 【広島県社会福祉協議会】「被災地の今を見つめて」 [安心安全] (2021/3/25 7:00)

     「何をもって復興というのか。時間がたつほど考える」2018年7月の西日本豪雨の被災者を支援する相談員の声です。  あの日から2年8カ月がたち、日常を取り戻したかのようなまちの風景。しかし被災地には今なお、家裏の崖が崩れたままで不安を抱えている人、大雨のたび、あの光景を思い出し涙が出る人、住み慣れた地から離れることを余儀なくされた人が暮らす現実があります。  「被災者の壮絶な体験や恐怖、大切な…
  • 【詳報・克行被告第48回公判】弁護側被告人質問<1>次の選挙という矮小化した考えじゃない [アーカイブ] (2021/3/25 1:24)

    被告 広島3区は豪雨、台風災害にしばしば見舞われた。災害は忘れたころにやって来るというが、忘れないうちにどんどんやって来る。平成11年6月の豪雨災害を手始めに台風、豪雨災害に頻繁に襲われ、尊い犠牲も少なからず出ました。生命と財産を命がけで守る信念で政治活動をしてきた。地域で何の落ち度も過失もない方々がなぜ命を落とさないといけないのか。なぜ田畑を失わなければならないのか。自問自答し、この方々の役にた…
  • 三篠川9橋、進む復旧工事 豪雨被害、広島市が23年春完了へ [中国地方のニュース] (2021/3/23 9:59)

     広島市は、2018年夏の西日本豪雨の河川増水で流失や損壊の被害を受けた三篠川の9橋の復旧工事を進めている。広島県と連携しながら23年3月までに順次、補修などをしていく計画で、現在は2カ所の橋の工事が終わり、車や歩行者が再び通行できるようになっている。  三篠川は西日本豪雨による濁流で、安佐北区上深川町から同区白木町井原までの約20キロ区間にあった鳥声橋や安駄(あんだ)橋など5橋が落ち、三日市橋や…
  • 届け感謝の音 呉高吹奏楽部2年ぶり定演、18日生配信 [中国地方のニュース] (2021/3/17 13:58)

    …活躍の場を広げる呉市の呉高吹奏楽部が18日、同市中央の呉信用金庫ホールで定期演奏会を開き、オンラインで生配信する。広島市出身のシンガー・ソングライターHIPPYさんたちもゲスト出演。2018年の西日本豪雨や新型コロナウイルス禍の困難を乗り越え、校史に残るステージを期す。  部員や応援出演の生徒たち約100人が16日、同校の多目的ホールで最終調整に臨んだ。2年向頭(むかいがしら)美佑部長(17)は…