サイト内検索

キーワード

新しい順 | 古い順 | 閲覧数順

 
  • 黒い雨 訴訟の検索結果(1ページ目)

    72件見つかりました。

  • 黒い雨」国側控訴 救済の決断なぜできぬ [社説] (2020/8/13 7:06)

     広島への原爆投下後に降った放射性物質を含む「黒い雨」を巡る全国初の訴訟で、市と広島県、国の3者はきのう、原告全面勝訴とした広島地裁の判決について、広島高裁に控訴した。  市と県は当初、国に控訴断念と幅広い救済を求めていた。しかし国が救済対象区域の拡大も視野に検討する姿勢を示したため、結局は国の控訴方針を受け入れた。松井一実市長は「誠につらい」と述べ、苦渋の決断だったことをにじませた。  国が定め…
  • 黒い雨」控訴、失望・怒り 原告「まだ闘えというのか」【動画】 [トピックス] (2020/8/12 23:58)

     「まだ闘い続けろというのか」―。原爆投下後の「黒い雨」を巡る訴訟で国と広島市、広島県が控訴した12日、原告と弁護団は失望と怒りの声を上げた。原爆投下から75年。老いを深める原告たちは、再び法廷闘争に臨まざるを得ない事態に不安を募らせた。  「黒い雨を浴びた被爆者の苦難に満ちた人生、援護対象区域の拡大を切望しつつ亡くなった多くの人の思いを踏みにじるものだ」。原告団の高野正明団長(82)は、広…
  • 黒い雨訴訟、国と広島市・県が控訴 援護区域「拡大も視野」【動画】 [トピックス] (2020/8/12 23:27)

     原爆の放射性物質を含んだ「黒い雨」に国の援護対象区域外で遭い、健康被害を訴える広島県内の原告全84人に被爆者健康手帳を交付するよう広島市と広島県に命じた7月29日の広島地裁判決で、被告の市と県、訴訟に参加する厚生労働省が12日、広島高裁に控訴した。加藤勝信厚労相(岡山5区)が援護対象区域について「拡大も視野に入れた再検討をする」と表明し、政府に控訴断念を求めてきた市と県が控訴に転じた。  …
  • 「拡大も視野」で温度差 「黒い雨訴訟控訴、広島市・県は早期の対応求める【動画】 [トピックス] (2020/8/12 23:27)

     広島市の松井一実市長と広島県の湯崎英彦知事、加藤勝信厚生労働相(岡山5区)は12日、それぞれ記者会見に臨み、「黒い雨」を巡る広島地裁判決で控訴に至った経緯を説明した。松井市長と湯崎知事は政府に対して、これまで求めてきた援護対象区域の拡大を早く実現するよう促したが、加藤厚労相は拡大の可否すら明言を避けた。3者が折り合う要因となった「拡大も視野に入れた再検討」を巡る温度差が浮き彫りとなった。 …
  • 【インサイド】「黒い雨訴訟控訴 広島市と県、幅広い救済にこだわり 「科学的根拠」に障壁も [トピックス] (2020/8/12 23:27)

     原爆投下後に降った放射性物質を含む「黒い雨」被害に国の援護対象区域外で遭った広島県内の原告全84人を被爆者と認めた広島地裁判決で、被告の広島市と県は区域拡大の糸口となる国の「言質」を取った上で、12日に広島高裁へ控訴した。「拡大も視野に入れた再検討」という文言を引き出し、被害者を広く救済する姿勢にこだわった。交渉の舞台裏をみた。  「当初、国は地域拡大について事実上、ゼロ回答だった」「どう…
  • 黒い雨、援護区域拡大へ議論 専門家ら、分析「AIも活用」 [社会] (2020/8/12 18:48)

     広島市への原爆投下直後に降った「黒い雨」を巡り、国の援護対象区域外にいた原告84人全員(死亡者含む)を被爆者と認めた広島地裁判決に対し、厚生労働省は広島県や広島市とともに控訴した12日、援護対象区域拡大を視野に入れた検証のため、専門家を含めた組織で議論する考えを示した。加藤勝信厚労相は「データの蓄積があり、最新技術、例えばAIなどを活用して分析する」と表明した。一方、原告団は控訴は不当と抗議し、…
  • 国など控訴、「思い踏みにじる」 黒い雨訴訟、原告らが会見 [社会] (2020/8/12 17:59)

     「黒い雨訴訟で原告全員を被爆者と認めた広島地裁判決に国と広島県、広島市が控訴したことを受け、原告や弁護団が12日、広島市で記者会見し「原告らが原爆の影響で健康を害したのは明らか。科学的知見を口実にした政治判断による控訴は、高齢化が進む黒い雨を浴びた人たちの思いを踏みにじるものだ」と厳しく批判した。  高野正明原告団長(82)は「国は司法の判断に難癖を付けている。控訴は大変残念だが、勝訴に向かっ…
  • 首相「累次の判決と異なる」 黒い雨訴訟控訴を説明 [政治] (2020/8/12 14:03)

     安倍晋三首相は12日、広島地裁の「黒い雨訴訟判決で控訴した理由について「累次の最高裁判決とも異なることから、上訴審の判断を仰ぐこととした」と説明した。官邸で記者団の質問に答えた。  同時に「被爆者は過酷な状況の中で、筆舌に尽くし難い経験をされた。今後もしっかり援護策に取り組む」と強調した。厚生労働省が援護対象地域の拡大も視野に、検証を進めると表明した。
  • 国・県・市の控訴に原告ら落胆 「黒い雨訴訟、「残念だ」 [社会] (2020/8/12 13:20)

     国と広島県、広島市が12日、「黒い雨訴訟で控訴したことに対し、原告や支援者からは「一緒に援護拡大に向け頑張ってきたのに、残念だ」と落胆の声が聞かれた。もう一つの被爆地、長崎からも「原告は高齢化しており、もう時間がない」と憤りの声が上がった。  原告団長の高野正明さん(82)は「県や市には控訴断念を国に強く迫ってほしかった」と肩を落とした。一方で「最後まで受けて立つという気持ち。絶対に諦めない」…
  • 加藤厚労相「拡大視野に入れ再検討」 援護対象区域について【動画】 [トピックス] (2020/8/12 12:58)

     広島原爆の「黒い雨訴訟の広島地裁判決について、加藤勝信厚生労働相(岡山5区)は12日、厚労省内で記者会見し、広島県、市と共に控訴したことを明らかにする一方、県、市が求める援護対象区域の拡大に関し「区域の拡大も視野に入れた再検討を行うため、これまで蓄積されてきたデータを最大限活用し、最新の科学技術を用いて、可能な限りの検証を行う」と述べた。  加藤氏は検証について、省内に研究班を設ける考え…
  • 黒い雨訴訟、国と県・市が控訴 厚労相「科学的知見ない」 [社会] (2020/8/12 12:52)

     広島市への原爆投下直後に降った放射性物質を含んだ「黒い雨」を巡り、国の援護対象区域外にいた原告84人全員(死亡者含む)を被爆者と認めた広島地裁判決について、加藤勝信厚生労働相は12日、広島県、広島市と共に控訴したと表明した。控訴理由を「十分な科学的知見に基づいたとは言えない判決だ」と述べた。  一方、援護対象区域については「地域拡大も視野に入れ、検証を進めたい」と表明。「対象者の高齢化が進んでい…
  • 【速報】広島市の松井市長が控訴を正式表明 「黒い雨訴訟 [トピックス] (2020/8/12 11:06)

     原爆投下後の「黒い雨」に国の援護対象区域外で遭い、健康被害を訴える広島県内の原告全84人に被爆者健康手帳を交付するよう広島市と県へ命じた7月29日の広島地裁判決で、松井一実市長は12日午前、市役所で記者会見を開き、広島高裁に控訴したと表明した。
  • 【速報】「黒い雨訴訟 広島市・県が控訴 [トピックス] (2020/8/12 10:35)

     原爆投下後の「黒い雨」に国の援護対象区域外で遭い、健康被害を訴える広島県内の原告全84人に被爆者健康手帳を交付するよう広島市と県へ命じた7月29日の広島地裁判決で、被告の市と県は12日、広島高裁に控訴する手続きに入った。松井一実市長は同日午前11時から市役所で、湯崎英彦知事は同日午後4時から県庁で、それぞれ記者会見し、控訴を決断した理由や経緯などを説明する。  被爆者健康手帳の交付は国からの法定…
  • 黒い雨訴訟、国と広島市・県が控訴 原告が会見 [ニュース] (2020/8/12 10:10)

  • 黒い雨訴訟、広島高裁に控訴 松井市長が表明 [ニュース] (2020/8/12 9:40)

  • 黒い雨訴訟、控訴 湯崎知事会見 [ニュース] (2020/8/12 9:30)

  • 政府、「黒い雨訴訟控訴へ きょう表明、援護対象区域検証へ [社会] (2020/8/12 6:00)

     米国による広島市への原爆投下直後に降った放射性物質を含んだ「黒い雨」を巡り、国の援護対象区域外にいた原告84人全員(死亡者含む)を被爆者と認めた広島地裁判決について、政府は12日に控訴する方針を固め、広島県と広島市が政府方針を受け入れることが11日、複数の関係者への取材で分かった。政府は援護対象区域の見直しも含めて検証する方針も固めた。加藤勝信厚生労働相が12日に表明する。  県や市は政府側のこ…
  • 黒い雨訴訟、広島市・県が控訴へ 国要請受け入れ [トピックス] (2020/8/12 0:07)

     原爆投下後の「黒い雨」に国の援護対象区域外で遭い、健康被害を訴える広島県内の原告全84人に被爆者健康手帳を交付するよう広島市と県へ命じた7月29日の広島地裁判決で、被告の市と県は11日、控訴を決めた。政府に対して、控訴の断念と被害者の幅広い救済を「政治決断」するよう求めてきたが、政府が控訴の条件として「援護対象区域の拡大にもつながる検証をする」との姿勢を示したため、受け入れに転じた。  複…
  • 黒い雨」控訴、許されない 広島県原水協が広島市中区で訴え [中国地方のニュース] (2020/8/11 21:27)

     原爆投下後に降った「黒い雨」に国の援護対象区域外で遭い、健康被害を訴える広島県内の原告全84人に被爆者健康手帳を交付するよう広島市と県へ命じた7月29日の広島地裁判決について、県原水協は11日、同市中区の本通り商店街で、国と被告の市、県に控訴しないよう訴える緊急の「市民アピール」活動をした。  県原水協などから約30人が参加し、「国は控訴を断念し、一刻も早く救済せよ!」などと記した横断幕を掲げた…
  • 【速報】「黒い雨訴訟、広島市と県が控訴方針 [トピックス] (2020/8/11 19:19)

     原爆投下後の「黒い雨」に国の援護対象区域外で遭い、健康被害を訴える広島県内の原告全84人に被爆者健康手帳を交付するよう広島市と県へ命じた7月29日の広島地裁判決で、被告の市と県が控訴する方針を決めたことが11日、分かった。  複数の関係者によると、厚生労働省は広島地裁の判決について、市と県に控訴するよう要請。市と県は、援護対象区域の拡大を長年国に求めてきた立場から、控訴しない「政治判断」と…