サイト内検索

キーワード

新しい順 | 古い順 | 閲覧数順

 
  • 校則の検索結果(2ページ目)

    56件見つかりました。

  • 【第10回】解答例 二葉中3年 森田彩花さん(14)=広島市東区 [新聞で磨く小論文] (2021/5/11 16:55)

     髪の黒染めを強要されたとして大阪府立高の元女子生徒(二十一歳)が損害賠償を求めた訴訟。この大阪地裁判決は、校則と頭髪指導の違法性を認めなかったが、「時代の変遷に伴い茶髪に対する社会認識に変化が生じている」と言及した。今、「ブラック校則」が問題視されている。企業も髪形や色の規定を設けていない傾向にある中、厳しい校則は今も多く残っている。文部科学省の幹部は、「必要があれば見直してほしい」と述べた。 …
  • 【第10回】講評 多様性を認めるとは 特別編集委員 江種則貴 [新聞で磨く小論文] (2021/5/11 16:54)

     校則も似ています。集団生活に必要だと頭では理解できても、気持ちの部分で納得できないルールには従いたくない―。  さて、解答例の森田さんは、校則の必要性を「社会に出ていくときに必要なことを身に付けてもらう」ととらえました。その通りだと思います。  その上で、一律に強要するのではなく、「未来のために守ると良いこと」として、緩やかな形でルール化するよう提唱しています。  なるほど。ユ…
  • 【第10回】その他の解答例と講評 [新聞で磨く小論文] (2021/5/11 16:53)

     髪形や色を厳しく定める「ブラック校則」が問題視されている中、髪の黒染めを強要された大阪府立高の元女子高校生が損害賠償を求めたが違法性は認められなかった。識者は多様性の重視を訴えている。時代の変遷に伴い、一部の高校では地毛の色に戻してから登校させる「再登校指導」などの行きすぎたルールが廃止された。一方で厳しい校則が残っている高校もある。文部科学省は時代に合わない校則もあると認めているが、見直しの有…
  • 【第10回】ポイント 設問意図と思考の枠組み意識 駿台予備学校 池尻俊也講師 [新聞で磨く小論文] (2021/5/11 16:52)

     まず、〈出題者の要求〉つまり〈設問意図〉ですが、これは二つあります。一つは、設問に明記された要求です。今回ですと〈記事の要約〉と〈校則の必要性への意見論述〉ですね。もう一つは、設問に明記されていない意図、つまり、あなたの視点や学部適性の確認です。例えば、教育学部なら〈学校教育における規則への考え方〉、法学部なら〈規則自体への考え方〉といったものです。これらの〈設問意図〉を視野に入れて書くのが小論…
  • 校則、みんなで変えた 広島の安田女子中高生が今春実現 [まなび] (2021/5/2 20:04)

     校則を変えるなんて、どうせ無理だと思ってた―。広島市中区の安田女子中高の生徒が進めてきた校則の見直しが、この春、実現した。規律を重んじる伝統校で、生徒が校門前で深々と一礼してから登下校する様子は地元ではおなじみの光景だ。それだけにルール緩和は困難と思われたが「みんなで考え、変える」をモットーに生徒は奮闘した。  ▽「過程見える化」 主体性育む  「なんで、こんな決まりがあるん?」。2…
  • 生徒みんなで校則変えた 広島・安田女子中高の挑戦 [トピックス] (2021/4/18 9:00)

     校則を変えるなんて、どうせ無理だと思ってた―。広島市中区の安田女子中高の生徒が進めてきた校則の見直しが、この春、実現した。規律を重んじる校風で知られる伝統校。それだけに、ルール緩和は困難と思われた。しかし、「みんなで考えて変える」にこだわり生徒は奮闘した。  みんなの校則データベース  「なんで、こんな決まりがあるん?」。2020年9月、中高の生徒有志20人が校則への疑問をぶつけ合ってい…
  • 【写真】生徒個人が変えたいテーマに貼ったシールの結果 [アーカイブ] (2021/4/18 9:00)

    「生徒みんなで校則変えた」 広島・安田女子中高の挑戦 安田女子中高の安田校長補佐「校則、時代に合わない部分ある」 みんなの校則データベース
  • 校則、時代に合わない部分ある」 プロジェクト応募提案、安田女子中高の安田校長補佐  [トピックス] (2021/4/18 9:00)

    …この春から3項目の禁止事項を撤廃した安田女子中高(広島市中区)。経済産業省の委託事業で、東京のNPO法人が企画した「ルールメイカー育成プロジェクト」への応募を提案したのは、校長補佐の安田馨さんだった。校則にはどれも「社会で求められるマナーを身に付けさせたい」「生徒の安心や安全を守りたい」といった思いがあり、生徒を押さえつけようとの意図はない。ただ、安田さんは「私自身、今ある校則が時代に合わなくな…
  • 次回(第10回)の問題【4月28日締め切り】 [新聞で磨く小論文] (2021/4/13 16:50)

     「ブラック校則 見直し進むか」の記事を読み、内容を200字程度にまとめた上で、校則の必要性についてあなたの意見を計800字以内で述べなさい。(2021年2月18日付中国新聞SELECT5面から抜粋)  締め切りは4月28日です。 【第9回】次回(第10回)問題(PDF) 【第9回】問題 【第9回】解答例 【第9回】講評 【第9回】その他の解答例と講評 【第9回】ポイント
  • 机にコンパス、複数生徒の受験無効 広島県立高の今春入試 対応ちぐはぐで高校側謝罪 [トピックス] (2021/4/12 23:03)

    肌着に校則、色柄を指定 広島県内公立高の6割 茶色髪や天然パーマ届け出も みんなの校則データベース 校則をチェック 肌着などに校則、反響続々 「改善を」「ルール必要」
  • <第一声全文>NHK受信料を支払わない方法を教える党新人で党職員の山本貴平氏(46)【動画】 [2021参院広島再選挙] (2021/4/8 16:22)

  • 肌着などに校則、反響続々 「改善を」「ルール必要」 [まなび] (2021/4/4 19:18)

     広島県内の公立高の校則について取り上げた3月28日の記事に対し、無料通信アプリLINE(ライン)などで保護者や教員たちから反響が寄せられた。「肌着の色の点検はおかしい」などと改善を求める声がある一方、「具体的なルールが必要」とする意見も。専門家は「学校任せにせず、生徒や保護者、地域が一緒になってより良いルールづくりを進める必要がある」と提言する。  【データベース】学校ごとの校則が分かる「…
  • 授業中にホラー映画 柳井商工高、教諭に厳重注意 [トピックス] (2021/4/1 23:00)

    肌着に校則、色柄を指定 広島県内公立高の6割 茶色髪や天然パーマ届け出も みんなの校則データベース 広島県内公立高校版 たかが茶髪、されど茶髪
  • 肌着に校則、色柄を指定 広島県内公立高の6割 茶色髪や天然パーマ届け出も  [特集] (2021/3/27 23:30)

     広島県内の公立高の6割が校則でシャツなど肌着の色柄を指定していることが27日、中国新聞の調べで分かった。頭髪では3割弱が、茶色やカール髪である場合などに、生まれつきの色・形状を届けさせている。人権意識をより高め、多様性を認め合う社会が求められる中、専門家からは「いずれも人権侵害につながりかねない」との指摘も。学校と生徒・保護者が主体的に見直す必要性が高まりそうだ。  【データベース】学校ご…
  • 黒染め強要、賠償判決 人権守る議論広げよう [社説] (2021/2/21 6:45)

     学校の定める校則に明確な法的根拠はなく、校長の裁量に委ねられている。今回の判決はその裁量を広く認めた内容といえるが、子どもの人格や多様性を尊重する時代の流れに逆行していないだろうか。原告側は控訴を検討するという。  訴状などによると、元生徒は生まれつき髪の色が薄く、保護者も入学時に配慮を求めた。しかし髪の染色や脱色を禁じた校則に基づき、教員から黒く染めるよう再三指導され、精神的苦痛から不登校にな…
  • たかが茶髪、されど茶髪 [天風録] (2021/2/17 6:40)

    …ると、子どもたちがとびきりの笑顔で迎えてくれた。茶髪が目立つ。「おしゃれだな」とつぶやくと、現地の教師は首を振った。「栄養失調で髪の色が抜けるんです」。わが不明を思い切り恥じた▲生まれつき茶髪なのに、校則を盾に、教師から何度も黒染めを強要されて不登校になった―。そんな元女子高生の訴えを一部認め、大阪地裁は府に賠償を命じた。ただ、頭髪の染色を禁じた校則は違法ではないとした▲さて、この司法判断を世間…
  • スカート?スラックス? 制服選択制導入相次ぐ 広島県北3市の市立中 [中国地方のニュース] (2021/2/10 20:05)

    ブラック校則、誰のため? 多様性認め、子どもの声尊重を 生徒自ら校則見直し、寄り道・スマホなぜ禁止 安田女子中高
  • 指導?体罰? 赤髪生徒に黒スプレー 専門家「信頼関係構築を」 [SELECT] (2020/12/1 4:57)

  • ブラック校則、誰のため? 多様性認め、子どもの声尊重を [SELECT] (2020/11/22 4:59)

     学校生活で児童や生徒が守るよう求められている校則。髪形から下着の色まで厳格に定められ、現場では「理不尽だ」「細かすぎる」と不満の声も上がる。社会の変化に合わせて柔軟に見直されるべきものだが、子どもたちの意見が反映されず、学校側のお仕着せになっていることも多い。「ブラック校則」とも呼ばれるルール、一体誰のため?  福岡市の中学1年の男子生徒(13)は、男性教諭数人による身だしなみ検査に違和感…
  • 「頭髪の自由」まだまだ壁 ツーブロック禁止や地毛証明も [SELECT] (2020/11/22 4:58)

     「いじめられないための配慮」との理由で地毛証明を求める学校もあるが、校則問題に詳しい河合良房弁護士は、黒髪や直毛以外の生徒への人権侵害に当たり「頭髪の自由を阻む行為だ」と批判。「髪形は個性の一つでもあり、干渉は慎重にすべきだ」と提言する。  ▽「学校依存社会」が一因 内田良・名古屋大准教授  校則の過度な細かさや厳しさが「ブラック校則」として注目されている。生まれつき茶髪の子に黒く染…