PR
NOAH & VOXY NOAH & VOXY

最新仕様にアップデート
トヨタの新型「ノア/ヴォクシー」の魅力に迫る

トヨタの人気ミニバン「ノア/ヴォクシー」が今年1月、8年ぶりに第4世代へとフルモデルチェンジ。従来モデルの魅力を受け継ぎながら、装備や機能が進化。トヨタが培ってきたクルマづくりの技術を発揮し、快適性や利便性が革新的ともいえるほど向上した。これまでのモデルや既存のミニバンとどこがどう違うのか。その先進的なクオリティーや使い心地の魅力をリポートする。

スタイル STYLE

  • シンプルでモダンなノア、
    先鋭的で独創的なヴォクシー
    アウトドアブームが続く昨今、レジャーに向くクルマとして今、多目的スポーツ車(SUV)以上にニーズが高まっているのがミニバンだ。その理由は、何と言っても広さと乗り心地の良さにある。ファミリー層を中心に人気が高まっているが、数あるミニバンの中でも、新型「ノア/ヴォクシー」がとりわけ注目を集めている。
    スタイルに関しては、いずれも大きなフロントグリルを備える。ノアはシンプルながらも細部まで造り込み、上質でモダンなスタイルを形にした。ヴォクシーは、感性を刺激するような先鋭的で独創的なスタイルが持ち味だ。
  • 上質感を重視した内装、
    運転しやすい視野の広さ
    両車が目指したのは「より快適に、より便利に、より安心なミニバンとして家族や仲間が笑顔になる時間を演出」すること。そのために「ミニバンにしか実現できないうれしさを一層深化」させたという。まさにファミリーユースの王道を行く。
    内装については、仕立ての良さや上質感を重視。細幅のフロントピラーと、低くワイドに構えたインストルメントパネルで後部座席からの見晴らしも良い。コックピットはどうだろう。視界が広く、車体も高いので運転しやすい。スムーズに操作できるよう、シートやステアリング、シフトレバーが適切に配置され、メーターやディスプレイなど、必要な情報を最小限の視線移動で確認できる。

快適性 AMENITY

開放感あふれる広々空間、くつろぎ多彩なシートアレンジ

新型「ノア/ヴォクシー」の最大の特長は、開放感あふれる車内空間と、シートアレンジの多彩さにある。
例えば7人乗りでは、2列目のシートをそのままストレートに745mmもスライドできる(8人乗りの場合は705mm)。シートの間も185mmと広く取ってあるため、車内での移動もスムーズだ。しかも、2列目のシートには折りたたみ式の大型サイドテーブルも設置。カップホルダー4個を置けるほか、充電用USB端子なども備えている。(※1)

また、3列目のシートを跳ね上げ、2列目を後ろにスライドすると、まるでリビングのようにくつろげる。
さらに、2列目を前にスライドさせ、3列目を跳ね上げれば、後列全てを荷室として使用できる。2列目と3列目をフルフラットにすれば、パーキング時などに横になって休むことも可能。ゆったりくつろいだり、荷物を載せたり、シーンに合わせてシートを自在にアレンジできる。

その他の長時間でも快適に過ごせる機能

2列目のシートにはオットマン(足置き)を採用している点もメリットの一つ。しかも座面と背もたれをすばやく温めるシートヒーターを設けているので、冬のドライブを心地よく過ごせる。ちなみにシートヒーターは運転席と助手席にも設置。ハンドルには手のひらから温めるステアリングヒーターも備えている。(※2※3)
加えてスライドドアのトリム内に、サンシェードを設定。直射日光を遮り、後席に座る人が快適に過ごせるよう工夫している。サンシェードではカバーできないウインドゥ両端にはセラミックドット加工を施すことで、窓全体の遮光性を高めている。

このほか、より快適なドライブを楽しめるよう、「車内Wi-Fi」に対応。データ通信容量無制限で、スマートフォンやゲーム機などを5台までインターネットに接続できる。(※4)車内2カ所にはアクセサリーコンセント(AC100V・1500W)を設置。停電などの非常時に活用できる非常時給電システムを設定している。(※5)

利便性 CONVENIENCE

乗るほど、使うほど、便利さ実感。すみずみに行き渡る工夫の数々

利便性の高さも新型「ノア/ヴォクシー」ならではの良さ。一例が、ハンズフリーデュアルパワースライドドア(挟み込み防止機能付き)だ。スマートキーを持っていれば、フロントドア後端下側のセンサー部に足先をかざすだけでスライドドアが自動で開閉。大きな買い物袋を抱えていたり、子どもを抱いていたりするなど、両手がふさがっているときなどに便利だ。(※6)
パワースライドドア作動に連動して地上から200mm(2WDの数値)の位置にステップが出てくる機構を採用。スライドドアのクローズ時にはすっきり隠れる構造となっている。(※7)また、5歳くらいの子どもでもつかめるようにアシストグリップをロング化(地上から895〜1330mm(2WDの数値))。子どもが握る低い位置は細くするなど、グリップの太さにもこだわってつかみやすさを追求している。(※8)

バックドアの開閉も便利だ。開くドアを手でいったん押さえると、手を離してもその位置でドアが固定される。これが世界初の「フリーストップバックドア」。クルマの後ろが狭くても荷物をさっと積み込める。小柄な人でも手が届く位置に保持できるため、スムーズに閉めることができる。一度保持した後は閉方向のみ作動する機構だ。(※9※10)
さらに、トヨタとして初めてパワーバックドアの開閉スイッチを車両側面の両側に配置。車両の横に立って操作できるため、後ずさりすることなく、ドアの開き具合を確認し、任意の位置で安全に停止させることができる。(※11※12)
このほか、優れた収納力も見逃せないポイント。高さのある物やスーツケースなどの収納に便利なのが床下収納スペース「スーパーラゲージボックス」だ。裏側にはヒモ付きのフックがあるため、開けたままの状態にしておくことができ、スペースに収まらない高さのある荷物を乗せる際に役立つ。(※13)
このように快適性でも利便性でも「理想」を実現したミニバンが新型「ノア/ヴォクシー」なのだ。

ネッツトヨタ広島について ABOUT US

ネッツトヨタ広島グループウェルビー広島

  • 今話題の軽キャンから特殊フロア架装まで、様々なシーンで活躍。
    ウェルビー広島は、車中泊やアウトドアが楽しめる話題の軽キャンピングカー『パルセイロ」をはじめ、車いす移動やビジネス、アソビ、福祉、災害対策などに対応した「マルチユースカー」を取り扱う。様々なレイアウトに対応できるようカスタマイズした車両で、全ての人に優しい快適な空間の提案を行っている。
    〒736-0044 広島県安芸郡海田町南堀川町1-39
    TEL:082-516-8448
    ウェルビー広島
ネッツトヨタ広島

〒733-8558
広島県広島市西区南観音5丁目16-7

お客様サポート
0120-503-365受付時間 9:30-17:30 月-金(祝日を除く)

※1.折りたたみ式大型サイドテーブル<カップホルダー4個・ポケット・充電用USB端子2個(Type-C)・エコバッグフック2個付>:VOXY/S-Zに標準装備。NOAH/S-Z、Zに標準装備。※2.クラス初:コンパクトキャブワゴンクラス。2022年1月現在、トヨタ自動車(株)調べ。※3.オットマン&シートヒーター(セカンドシート):VOXY/S-Zにメーカーパッケージオプション(オットマンは2WD車のみ)。NOAH/S-Z、Zにメーカーパッケージオプション(オットマンは2WD車のみ)。※4.車内Wi-Fi:別途利用料が必要です。サービス利用料は<1,100円(消費税抜き1,000円)/月>が必要です。VOXY/オプションサービス。NOAH/ディスプレイオーディオ装着時にオプションサービス。※5.アクセサリーコンセント(AC100V・1500W)/2個/非常時給電システム)付:VOXY/S-Z(ハイブリッド車)に標準装備(S-Zは充電用USB端子が非装着となります。代わりに折りたたみ式大型サイドテーブルに装着されます。)S-G(ハイブリッド車)にメーカーオプション。NOAH/S-Z、Zのハイブリッド車に標準装備(S-Z、Zは充電用USB端子が非装着となります。代わりに折りたたみ式大型サイドテーブルに装着されます。)S-G、G、Xのハイブリッド車にメーカーオプション。※6.ハンズフリーデュアルパワースライドドア(挟み込み防止機能付):VOXY/全車にメーカーパッケージオプション。NOAH/Xを除く全車にメーカーパッケージオプション。※7.ユニバーサルステップ(助手席側):全車にメーカーオプション。4WDは225mmとなります。※8.4WDは920〜1,355mmとなります。※9.世界初:2022年1月現在、トヨタ自動車(株)調べ。※10.フリーストップバックドアは坂道や強風時に使用しないでください。バックドアが閉じてしまうことがあります。また、長時間のご使用はお控えください。※11.トヨタ初:2022年1月現在。※12.パワーバックドア(挟み込み防止機能・停止位置メモリー機能・パワーバックドアスイッチ<車両サイド>付:VOXY/S-Zにメーカーパッケージオプション。NOAH/S-Z、Zにメーカーパッケージオプション。※13.スーパーラゲージボックス:スペアタイヤを選択した場合、スーパーラゲージボックスの中にスペアタイヤ(カバー付)が搭載されます。