広島の元気を創る 中国新聞 LEADERS 倶楽部広島の元気を創る 中国新聞 LEADERS 倶楽部
2022年新春トップインタビュー 広島のトップが想いを語る

質の高い容器 安定供給を実現


代表取締役社長 佐藤 守正 (さとう もりまさ)

―業況はいかがですか。

 2020年から続く巣ごもり需要に応える製品が好調です。汁漏れや輸送時の荷崩れを防ぐ容器をはじめ、スープと麺、具材を隔てて運べる2層式タイプ、カラフルなトレーなど。21年9月の宅配や持ち帰り用製品の売り上げは、前年同月比で2.8倍に伸びました。外食のお客さまへの認知度を高めるため、SNS(会員制交流サイト)などを使って情報を発信。当社ECサイトの登録者は月に千人超のペースで増加し、売り上げは2.4倍となりました。

―需要が増える中でも安定的な供給を実現しています。

 20年9月から1年を通じて欠品を5個以下に抑えました。約1万1千種に及ぶ製品を安定的に届けるため、04年にシステムを導入。販売計画を基に、生産から資材調達、製品供給、在庫管理までを一元管理しています。平常時と異なるアイテムが出荷されるゴールデンウイークやお盆、年末は人工知能(AI)を駆使して販売を予測。さらに、工場設備のロボット化による作業効率化や物流ネットワークの増強などを進め、10万ケース相当の在庫の減少と欠品が発生しない状態を実現しました。

―脱炭素への取り組みは。

 再生可能エネルギーの活用を新たに進めており、まずは関東の拠点に太陽光発電設備を導入します。リサイクルトレー(エコトレー)は、新しい材料から作られたトレーに比べ、二酸化炭素排出量を1キロ当たり約30%削減できます。全てのリサイクル工場の使用電力を太陽光で賄うことで、さらに7%の削減につながります。25年のカーボンオフセット達成に向け、努力を続けます。

―リサイクルも進んでいます。

 製品全体に占めるリサイクル品の割合は約45%で、回収した年間約8万5千トンのトレーとペットボトルを再利用しています。環境意識の高まりから、当社のエコトレーの使用を売り場に表示するスーパーが増え、今年3月には全国で2千店に達する見込みです。そうした中、製品の主原料であるポリスチレンが21年だけで3度も価格が上がり、12月より製品全般の値上げをお願いするに至りました。今後も製品開発に磨きをかけるとともに、生産性の向上にも尽力し、事業環境の急激な変化に柔軟に対応していきます。


採用が拡大しているリサイクル製品「エコトレー」
概要
社名株式会社エフピコ
本社所在地■ 福山本社
〒721-8607
福山市曙町1-13-15
Tel 084(953)1145
■ 東京本社
〒163-6036
東京都新宿区西新宿6-8-1新宿オークタワー(総合受付36階)
Tel 03(5320)0717
設立1962年7月
事業内容ポリスチレンペーパーおよびその他合成樹脂簡易食品容器の製造・販売、並びに関連包装資材等の販売
資本金131億5000万円
売上高1969億5000万円(2021年3月期)
従業員数単体944人 連結4753人(2021年3月現在)
支社・支店・工場大阪支店、営業所9、総合研究所、工場19、リサイクル3、選別・減容10、物流19
関連会社エフピコ商事(株)、エフピコチューパ(株)、エフピコインターパック(株)ほか26社
ホームページhttps://www.fpco.jp

企画・制作/中国新聞社地域ビジネス局
※2022年中国新聞元旦号に掲載したものです。