広島の元気を創る 中国新聞 LEADERS 倶楽部広島の元気を創る 中国新聞 LEADERS 倶楽部
2022年新春トップインタビュー 広島のトップが想いを語る

地縁大切に 飲食店と連携強化


代表取締役社長 岡﨑 浩樹 (おかざき ひろき)

―グループの売上高1千億円を達成しました。

 グループの連結売り上げは、2021年6月期の決算で前年比5.9%増の1009億円になりました。スーパー3店舗の新規出店と4店舗の改装のほか、既存店の売り上げが堅調に推移したことが寄与しました。外食事業は苦戦しましたが、事業所向け弁当の配達を倉敷エリアに拡大。夕食材料宅配事業では、大阪府豊中市に新たな拠点を置きました。グループ売上高1千億円の節目に「地域の“食”を豊かにしたい」という思いをスタッフと共に再確認しています。

―新型コロナウイルス禍で困窮する事業者への支援を行いました。

 昨年6月、飲食店向けの食材の受注が減り、困っている卸事業者などから総額8千万円分の食材や商品を購入。スタッフに配布し、私たちの商売が生産者や配送者など多くの方に支えられていることを改めて認識しました。また、飲食店を応援する活動の一環として、調理設備を整えたシェアキッチンを福山市内の2カ所に開設。弁当や総菜をエブリイの店舗で販売しています。この2年でお客さまの購買行動に変化があり、飲食業は新しいビジネスモデルの構築が必要と考え、今年は2カ所の増設を計画しています。昨年末は自社おせちではなく地元飲食店のおせちを紹介。「おいしいもので喜んでもらいたい」という志を持つ地元飲食店との取り組みを強化していきます。

―職場環境も改善しています。

 エブリイでは創業以来、お正月期間を休業しています。昨年は「閉店時間の前倒し」を実施。数年以内に全店の閉店時間を遅くても午後8時にしていきます。お客さまの食卓を豊かにするため、スタッフが家族と食卓を囲む時間を増やしたいと考えています。売り上げ減を覚悟して進めましたが、より鮮度にこだわり、午前中の売り上げが上がる店舗が多く出てくるなど、スタッフみんなの工夫に心から感謝しています。

―今年の目標を教えてください。

 3店舗の新規出店と10店舗の改装を予定しており、エブリイ単体で1千億円の売り上げを見込みます。創業以来続く地元の方々とのご縁を大切にし、地縁店として「食」を通じて地域に笑顔を増やしていきたいと考えています。


福山市木之庄町に開設したシェアキッチン「みんなのまちメシFACTORY」
概要
社名株式会社エブリイホーミイホールディングス
本社所在地〒721-0973
福山市南蔵王町1-6-11
Tel 084(982)9411
設立2014年9月
事業内容スーパーマーケット事業、外食・事業所向け給食事業、夕食材料宅配事業など
資本金8000万円
売上高1009億円(2021年6月期)
従業員数約5500人(2021年11月現在)
店舗数・エブリイ48店舗・ホーミイダイニング13拠点・ヨシケイ福山10拠点(グループ計71拠点)
関連会社(株)エブリイ、(株)ホーミイダイニング、(株)ヨシケイ福山、(株)けんこう応援団、(株)イーシステム、(株)すまいるエブリイ、(株)イープラットフォーム、(株)YPYエデュケーション
ホームページhttps://www.everyhomey.com/

企画・制作/中国新聞社地域ビジネス局
※2022年中国新聞元旦号に掲載したものです。