広島の元気を創る 中国新聞 LEADERS 倶楽部広島の元気を創る 中国新聞 LEADERS 倶楽部
2022年新春トップインタビュー 広島のトップが想いを語る

呉での就労や創業 手厚く支援


理事長 向井 淳滋 (むかい じゅんじ)

―人材紹介事業を始めました。

 長引く新型コロナウイルス禍や日本製鉄瀬戸内製鉄所呉地区(呉市)の閉鎖方針などを受け2021年7月、再就職や出向を無料で支援する産業雇用安定センター広島事務所(広島市中区)と連携協定を結びました。さらなる支援に踏み出すため翌8月、有料職業紹介事業の許可を取得しました。同製鉄所は21年9月に高炉が停止し、23年9月には全面閉鎖される予定です。関連会社を含め、離職者は約3千人に上り、一刻も早い支援が必要でした。取引先企業の経営課題や求人ニーズを把握し、ミスマッチの少ない就労支援に取り組んでいきます。

―事業者の販路開拓支援に積極的です。

 しまなみ信用金庫(三原市)や地域商社ジーブリッジ(大阪市)と連携し、地元の食品メーカーの販路開拓を支援する「呉・しまなみ魅力発信プロジェクト!~おいシーサイドR185~」を21年7月に始動しました。国道185号に面した呉、東広島、竹原、三原市と大崎上島町の事業者が対象です。約50社から応募があり、20社を採択。当金庫の取引先からは、酒類や食品の製造業など12社が選ばれました。マーケティングセミナーや市場に合わせた商品ブラッシュアップを通じて、ブランディングを強化。3月には、首都圏バイヤーとの商談会を開く予定です。地域産品の付加価値を高め、その魅力を伝えていきます。

―創業支援も力を入れています。

 地域での起業や新規事業を支援する「公益社団法人アクティブベースくれ」(呉市)の運営をサポートしています。加えて、呉地域の行政機関や中小企業支援機関などと「呉創業支援ネットワーク」を06年に設立し、創業に必要な情報提供や融資などを進めてきました。これまで計173社が事業をスタート。新しい産業や雇用機会を創出し、地域経済の活性化に努めてまいります。

―店舗の改装が続きます。

 21年12月に西条支店(東広島市)を建て替えオープン。22年5月には海岸支店(呉市)も続きます。ゆっくりご相談いただけるよう、全席ローカウンターを採用。今後も雇用創出や本業支援など、お客さまに寄り添う伴走型支援で、地域がより元気になるよう取り組んでまいります。


「呉・しまなみ魅力発信プロジェクト!」の記者会見の様子
概要
社名呉信用金庫
本店所在地〒737-8686
呉市本通2丁目2-15
Tel 0823(24)1181
設立1925年9月
事業内容金融業
出資金29億100万円(2021年3月期)
経常収益101億3700万円(2021年3月期)
職員数771人(2021年3月現在)※グループ全体
店舗数43店舗(うち1出張所)
(2021年3月現在)
関連会社(株)くれしんビル、くれしんビジネスサービス(株)
ホームページhttps://www.kure-shinkin.jp/

企画・制作/中国新聞社地域ビジネス局
※2022年中国新聞元旦号に掲載したものです。