広島の元気を創る 中国新聞 LEADERS 倶楽部広島の元気を創る 中国新聞 LEADERS 倶楽部
2022年新春トップインタビュー 広島のトップが想いを語る

満足度高めるマンション提供


代表取締役 松岡 裕仁 (まつおか ひろひと)

―分譲マンションを次々に手掛けています。

 広島市内の新築分譲マンションが値上がりする中、ファミリー向けだけでなく、単身者や夫婦2人世帯向けのプランを充実させた広島市中区の「ソシオ大手町 T―SQUARE」(177戸)や「ソシオタワー十日市」(65戸)で職住近接の需要を取り込んでいます。中区の「ソシオ舟入川口」(33戸)は、リバーサイドの景観を生かしたデザインが好評です。いずれも順調な売れ行きです。実際の需要の底堅さに加え、頻発する災害への備えや利便性、投資など、新型コロナウイルス禍で所有目的の多様化が一段と加速しています。今春には、中区の中心部や南区の広島駅周辺で40~50戸の中規模マンションを発売します。

―女性からの人気が高いですね。

 当社の分譲マンションは、購入者の約4割が女性です。分譲マンションの安心感や快適性に加え、デザイン、設備、インテリアなども入念に吟味している点が高く評価されています。理想の住まいを実現するため、間取りや仕様の変更、収納の増設といった設計変更にも対応しています。社内の1級建築士やインテリアコーディネーターに相談しながら共につくり上げていく喜びを感じてもらい、満足度を高めています。

―不動産投資ニーズへの対応は。

 不動産を小口化した投資商品について定めた「不動産特定共同事業法」を用いた不動産のデジタル化を進めます。インターネットを通じて不動産投資を募り、賃料収入などの収益を投資額に応じて分配します。小口・オンライン化によって不動産投資のハードルを下げ、幅広いお客さまの投資ニーズに対応します。中四国地方では珍しい取り組みです。金融商品としての魅力だけでなく、新たな不動産を提案することで観光都市でもある広島の発展につなげていきます。

―新たな取り組みもあります。

 2021年から「共創」をテーマに同業者や異業種とのコラボに取り組み、22年は分譲マンションでも共同事業を手掛けます。さまざまな事業者が参加して刺激し合うことで、わくわくするような新しい住まいの提案を目指します。アフターコロナを見据え、より一層広島の活性化に貢献する開発に力を注ぎます。


「ソシオ大手町 T―SQUARE」の外観
概要
社名株式会社GAパートナーズ
本社所在地〒730-0013
広島市中区八丁堀15-10
Tel 082(212)1111
設立2010年1月
事業内容 ■分譲不動産事業(新築マンションの企画・販売および分譲)
■アセットマネジメント事業(賃貸事業・プロパティマネジメント・アセットマネジメント)
■流通事業(中古マンションの媒介・新築戸建事業)
資本金1億円
売上高90億7900万円(2021年3月期)
従業員数47人(2021年10月現在)
関連会社(株)GMアソシエ(マンション管理業)、AP ASSET MANAGEMENT CO.,LTD(カンボジア現地法人)
ホームページhttps://ga-p.co.jp/

企画・制作/中国新聞社地域ビジネス局
※2022年中国新聞元旦号に掲載したものです。