広島の元気を創る 中国新聞 LEADERS 倶楽部広島の元気を創る 中国新聞 LEADERS 倶楽部
2022年新春トップインタビュー 広島のトップが想いを語る

物件の買収•改修•売却 一手に


代表取締役社長 西本 義弘 (にしもと よしひろ)

―分譲マンションが好調です。

 1990年に分譲マンション事業をスタートし、これまで21棟のロイヤルシリーズのマンションを供給しています。14階建て51戸の「ロイヤルシティビュー舟入通り」(広島市中区)を2021年5月に発売。11月時点で契約率7割以上と好調です。22年は2月、15階建て27戸の「ロイヤルシティビュー庚午南」(西区)を発売します。全邸開放感あふれる角住戸で、全邸分の平面駐車場も敷地内に確保。加えて、近隣にスーパーや公園、学校などがそろう利便性の高さも魅力です。

―大型住宅団地「東亜祇園ニュータウン春日野」(安佐南区)の街づくりがフィナーレを迎えます。

 教育や医療、福祉関連の施設がそろうほか、街全体の防犯対策として警備員が365日24時間常駐し、団地内を巡回。「100年先を生きる街」のコンセプトの下、幅広い世代の家族が安心して生活できる環境を整えています。2000年に整備に着手し、03年に販売を開始。全2453区画のうち、これまで2360区画を販売しました。22年度内に完売する計画で、新春から新たな売り出しを行ってまいります

―新規事業にも取り組みます。

 一戸建てやマンションなどの中古物件をリフォームして再販する事業を21年にスタートしました。売却希望物件を買い取り、グループの建設会社・東亜ハウス(中区)でリフォームして当社が販売します。マンションは、専有部分の骨組み以外を入れ替え、間取りを変更するなどし、価値を高めます。新築マンションの価格高騰が続く中、若い世代の新居やシニアの郊外からの住み替えニーズに応えます。郊外の一戸建ては、断熱性や耐久性を高めるリフォームをして販売。空き家問題の解消にもつなげます。買い取り、リフォーム、売却をワンストップでできる強みを生かし、取り組みを強化します。

―今年の展開は。

 「ロイヤルシティビュー庚午南」の販売に加え、広島県海田町寺迫地区で38区画の住宅団地の整備に着手します。東亜ハウスやマンション管理のTOAコミュニケーション(中区)との連携を強め、総合力を発揮しながら「土地づくり・家づくり・街づくり」に取り組み、グループ一丸となって前進します。


ロイヤルシティビュー庚午南の外観
概要
社名東亜地所株式会社
所在地〒730-0037
広島市中区中町7-16 (ポレスター広島3階)
Tel 082(244)1011
設立1965年6月
事業内容住宅用地・工業用地等の造成、分譲
住宅・マンション等の建設、分譲
不動産の売買、仲介、賃貸
資本金4億1000万円
売上高47億3877万円(2021年3月期)
従業員数23人(2021年3月現在)
支社・支店山口営業所
関連会社東亜ハウス(株)、TOAコミュニケーション(株)
ホームページhttp://www.toajisho.co.jp

企画・制作/中国新聞社地域ビジネス局
※2022年中国新聞元旦号に掲載したものです。