広島の元気を創る 中国新聞 LEADERS 倶楽部広島の元気を創る 中国新聞 LEADERS 倶楽部
2022年新春トップインタビュー 広島のトップが想いを語る

創業60年 変革求め強い組織へ


代表取締役社長 川西 亮平 (かわにし りょうへい)

―新しい街づくりが注目されています。

 2020年5月に販売を開始した「SATONOWAヴェルコート牛田早稲田」(広島市東区、131区画)の売れ行きが好調です。現代の「里」をコンセプトに掲げ、一戸建てや賃貸住宅(2棟8戸)だけでなく、広場やコミュニティハウスなど地域の交流を生む施設を備えています。21年5月には、里開きのイベントを開催。地元の野菜を売るマルシェやアロマスプレー作りなどの体験型ブースを設け、にぎわいを創出しました。今年も定期的にイベントを開いて、街の新しい価値づくりを企業としてチャレンジし続けていきます。

―住まいに関するサポートの場も充実させています。

 イオンモール広島府中(広島県府中町)に、グループの総合力を集めた新しい拠点「トータテ住まいの情報センター」を21年10月、オープンさせました。注文住宅の設計や分譲住宅・マンションの販売、不動産の売買、リフォームに至るまでお客さまに適した住まいと暮らしを総合的に、サポートします。約160平方メートルの広いスペースを利用し、今後は住まいに関するイベントなども実施し、新たなライフスタイル提案をしていきます。お買い物の際に、気軽に立ち寄っていただけるとうれしいです。

―会員制交流サイト(SNS)での発信を強化しています。

 グループ会社のトータテハウジング(中区)にウェブマーケティングに特化した専門部署を21年9月、立ち上げました。当社の商品やサービスへの認知度を高める狙いがあります。また、グループ全体としても無料通信アプリ「LINE(ライン)」の公式アカウントを開設してライフスタイルに役立つ情報を発信し、お客さまとのコミュニケーションを図っています。

―今年の意気込みは。

 グループ創業60周年の節目となり、2月に発表する注文住宅の新商品をはじめ多彩な展開を予定しています。また、企業理念を刷新して変革を進めていきます。社員一人一人が、アイデアや意見を出し合ってチャレンジできる社内風土を作り、働きがいを向上させます。業務の効率化などでグループ全体を活性化し、社員一丸で強い組織を作ります。


イオンモール広島府中内の「トータテ住まいの情報センター」
概要
社名株式会社トータテホールディングス
本社所在地〒730-0042
広島市中区国泰寺町2丁目4-7
Tel 082(545)6300
設立1967年5月
事業内容・分譲マンション、分譲住宅の企画開発及び販売代理
・注文住宅・分譲戸建住宅・住宅リフォームの設計施工
・マンション、ビル等の建物総合管理
・総合建築業・総合土木業
・広告代理業・保険代理業
資本金3000万円(トータテホールディングス)
売上高グループ連結約249億500万円(2021年8月期)
従業員数グループ全体442人(2021年9月現在)
支社・支店・工場広島県、福岡県、岡山県
関連会社(株)トータテ都市開発、(株)トータテハウジング、トータテ住宅販売(株)、(株)トータテリフォームセンター、(株)トータテ都市開発九州、(株)トータテコミュニティ、(株)トータテ保険サービス、(株)タケイ、(株)タカケン、(株)ティーズネット
ホームページhttps://www.totate.co.jp/

企画・制作/中国新聞社地域ビジネス局
※2022年中国新聞元旦号に掲載したものです。