広島の元気を創る 中国新聞 LEADERS 倶楽部広島の元気を創る 中国新聞 LEADERS 倶楽部
2022年新春トップインタビュー 広島のトップが想いを語る

購入後も万全 快適カーライフ


代表取締役社長 土田 和正 (つちだ かずまさ)

—2021年11月、がん対策で広島県の表彰を受けました。

 がんを患っても、治療と仕事が両立できるよう21年1月、会社負担で団体がん保険に全社員分加入しました。万が一に備える全社的な取り組みが評価され、県知事賞を受賞しました。加えて、日本健康会議が社員の健康管理に熱心な企業を認定する「健康経営優良法人」に、19年から3年連続で認定されています。今春はがん保険に加え、心疾患、脳血管疾患の三大疾病に対応する保険にも会社負担で加入する予定で、社員が安心して働ける環境をさらに強化していきます。

—人材育成に力を注いでいます。

 商品の魅力はもとより、購入後のアフターサービスやメンテナンス、事故対応や保険など、幅広い業務の研修を実施し、安心なカーライフをお届けする営業を展開しています。特に保険商品は、保障内容などが多岐にわたります。お客さま一人一人に合った商品を提案し、喜ばれています。研修の充実とともに、30代の社員を店長に抜てきするなど、若手の登用も積極的に進めています。

—地域貢献にも熱心です。

 広島県内18店舗が地域の皆さまから頼りにされる店となるため、子どもたちの見守りや清掃活動、まちおこしイベントへの参加など独自の活動を展開し、地域課題の解決に向き合っています。21年10月にはSDGs(持続可能な開発目標)への参画も宣言し、地元広島の明るい未来に向けた活動を支援しています。こうした活動をトップダウンではなく、ボトムアップで実施。地域の持続的な成長に貢献できるよう、ブラッシュアップしながら取り組みを続けます。

—どんな会社を目指しますか。

 地域の皆さまから、「あってよかった」と言ってもらえるような企業を目指します。そのためにも、お客さま、社員、地域に三方よしの経営を実践し続けます。コロナ禍に加え、21年7月ごろから半導体不足にもなり、厳しい事業環境が続いています。今年はマツダ(広島県府中町)が「ラージ商品群」と呼ぶ、車体の大きなスポーツタイプ多目的車(SUV)の新型の販売が始まります。販売体制を整えて、広島のまちや自動車業界に活気を生み出していきます。


「Teamがん対策ひろしま」で広島県知事賞を受賞
概要
社名株式会社アンフィニ広島
本社所在地〒732-0802
広島市南区大州5丁目5-37
Tel 082(286)4103
創業1960年6月
事業内容自動車(マツダ車を中心とした新車・中古車)の販売、整備、自動車用品の販売及び自動車保険等の各種代理店
資本金9000万円
売上高99億円(2021年9月期)
従業員数383人(2021年11月現在)
支社・支店・工場広島県内18店舗/広島市内、福山市、廿日市市、呉市、東広島市など
ホームページhttps://www.efh.co.jp/

企画・制作/中国新聞社地域ビジネス局
※2022年中国新聞元旦号に掲載したものです。